知識不足や自覚症状が無いことで拡大する性感染症「検査の話ができる相手と交際を」当事者と産婦人科医が訴え
番組をみる »

 「今から行く。現地調達だ」「ライオンになって、いま大暴れ中だ」「ワンナイトを見つけに」「目標は1日2人。60人くらいいきたい」と、過激な欲望をむき出しにする海水浴場の男性たち。そんな夏も間もなく終わりを告げ、やってくるのが"性病の季節"だという。「渋谷 山の手クリニック」の森本健介院長は、8月頃から来院者が増えると話す。さらに特徴的なのが、風俗などを介さない、「一般の方々の間での病気のやり取り」の増加だという。

知識不足や自覚症状が無いことで拡大する性感染症「検査の話ができる相手と交際を」当事者と産婦人科医が訴え

 街で聞いてみると、「サークルの先輩が元カノから性病をもらって。それで4日間いじり倒した。もらったらネタでしかない。自分とは程遠いものと思っている」「とりあえずゴムつけていれば大丈夫かな」等、どこか他人事のような若者たちの姿も。

 しかし、痛みや痒みなど、症状を自覚しやすい男性に比べ、女性は気付かずに性行為をしてしまい、感染を広げてしまう可能性があるのだという。

知識不足や自覚症状が無いことで拡大する性感染症「検査の話ができる相手と交際を」当事者と産婦人科医が訴え

 2年前の夏、合コンやギャラ飲みをテーマにライターとして活動していたマドカ・ジャスミンさんは、9月初旬に診断を受けるまで、自覚症状はなかったと話す。発覚したのは、低用量ピルを処方してもらうために通っていた産婦人科との雑談がきっかけだったという。

 「非常に多くの男性と関係を持っていたので、心のどこかに"もしかしたら"という気持ちがなかったわけではないが、女性はホルモンバランスの変化でおりものの匂いや量、色が違うなと感じることがある。これと言った症状はなかったし、"まあ、大丈夫だろう"と思っていた。でも、"そういえば、特定のパートナーがいなかったね。不特定多数と行為をしているんでしょ。じゃあ受けなさい。可能性はあるから"と言われ検査したら、数日後に電話がかかってきて、"お伝えしなきゃいけない結果が出たので"と。"あなたはクラジミアです"というに言われたとき、まさか自分が当事者になるとは思ってもみなかったので驚いた」。クラミジアは感染者が最も多いポピュラーな性病だが、女性患者の8割には自覚がないと言われているのだ。

 「その頃は一言でいえば"ドクズ"だった。"狩りだ"とか言って夜な夜な男性の家に行ったり、呼び出したり。若気の至りだ。その中の誰かからもらったのかもしれないが、それ以上に、誰かに渡しちゃったかもしれない、というところに恐怖感を抱いた。ただ、望まぬ妊娠が怖かったし、ちゃんと避妊具は着けていた」。

 自身の経験を活かし、現在は性病予防を訴える啓発活動も行うマドカ・ジャスミンさん。「Twitterのダイレクトメッセージで、高校生から"性感染症にかかったかもしれない"という悩みをもらったこともある。高校生の場合、保険証も親御さんの名義だし、自分だけで行っても、後々わかってしまうかもしれない。親御さんはそこで"婦人科=妊娠"だと捉えてしまうかもしれないし、親世代とコミュニケーションが取れない問題や、知識の差もすごくあるなと感じている」と話す。「私も今のパートナーと一緒にレポートを書いたが、STDチェッカーと呼ばれる郵送検査キットがあり、本当に15~20分くらいで複数の種類の検査も終えてしまうくらい簡単にできる。匿名で送ることも、受け取ることもできるし、結果はスマホで確認できる。しかも検査結果が陽性だったら医療機関へのアテンドもしてもらえる。入り口としてはぜひお勧めしたい」と呼びかけた。

知識不足や自覚症状が無いことで拡大する性感染症「検査の話ができる相手と交際を」当事者と産婦人科医が訴え

 性感染症について、産婦人科医の高橋怜奈氏は「自然に治っていく場合もあるし、男性も罹っていないと思っているだけの可能性も大いにある。また、女性は感染に気が付かないことが多いと言われているが、持続的に感染し、子宮や卵巣だけでなく、体全体に炎症が起きる場合もある」と話す。

 「いわゆる"挿入"をしなくても、性器をこするだけで感染する場合もあるし、口腔内に傷があるとキスだけで感染する場合もある

。また、オーラルセックスの場合、コンドームをしなくても大丈夫だと思っている方もいるが、そこから喉、そして性器に感染してしまうこともある。やはり最初から最後まで、勃起した時にコンドームを付けるということが、100%ではないが高い確率で感染を防ぐためには大切だ。また、不特定多数との関係を避ける、信頼できない関係との性行為は避けるということも重要だ」。

知識不足や自覚症状が無いことで拡大する性感染症「検査の話ができる相手と交際を」当事者と産婦人科医が訴え

 その上で高橋氏は「男性だと泌尿器科、女性だと産婦人科でいいので、何かちょっと失敗しちゃった、何か変だなという時は症状がなくても検査に行く、という啓発が必要なのかなと思うし、付き合うタイミングで一緒に性病の検査を受けられれば理想だ。"じゃあ一緒に行こっか"と言えるくらいのコミュニケーションが取れる人でなければ、セックスや避妊について話し合うことはできないと思う。日本はやはり性教育が遅れていると思う。性の話を学校ですることで、かえってセックスをする子が増えるんじゃないかという教育だ。セックスを隠し、性を悪いものと捉えるような歴史が長かったと思うが、やはり変えていかないといけない。親子で話せる関係もすごく大事だし、婦人科の敷居がもっと低くなってもいいと思う」との考えを示した。

 また、高橋氏は、マドカ・ジャスミン氏が話した検査キットについて、「もし行ける環境があるのなら、医師と直接話をした方がいいと思う。ただ、地方で近くに病院がない人や、受診しづらい高校生などにはいいと思う。HIVや梅毒の検査などは保健所が無料でやっていることもあるので、そういうのももっと知られるといいと思う」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

産婦人科医と経験者が性病講座
産婦人科医と経験者が性病講座
 目的を達成するためにウソまで...
目的を達成するためにウソまで...
セックス依存症の苦悩
自殺率が高まる9月1日にSOSに気づく為には
自殺率が高まる9月1日にSOSに気づく為には