9月12日(木)夜11時より、AbemaTVオリジナルドラマ『奪い愛、夏』の第6話が放送され、小池徹平演じる椿の狂った行動が視聴者を驚かせた。

椿(小池徹平)が瞳(田中みな実)に金属バットをフルスイング!『奪い愛、夏』での暴れっぷりに視聴者驚愕「壊れた椿」
番組をみる »

 本作は、主演の水野美紀とともに、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平と松本まりかの“豪華怪演”が一挙に集結し、危険な愛のトライアングルに挑むクレイジー“狂愛”ドラマ。テレビ朝日系で2017年1月から3月にかけて放送され、狂気と怪演技、ドロドロの愛憎劇が話題を呼んだドラマ『奪い愛、冬』と同様に鈴木おさむが脚本を務め、全く新しいオリジナル版として放送する。

 自身に契約結婚を持ちかけてきた社長の花園桜(水野美紀)が、恋人の空野(松本まりか)と実は元恋人同士だったことを知った椿(小池徹平)は、桜に杏を奪われまいと、部下の姜倫求(テジュ)が用意してくれた群馬の空き家で自給自足の生活を送ることを決意する。しかし、椿の杏を思うがばかりの束縛は徐々にエスカレートしていき、杏を部屋のなかに閉じ込め鍵をかけるなど軟禁状態にしてしまうのだった。

 軟禁状態が続き、耐えられなくなった杏は、過呼吸に。床を這いつくばりながら鍵をかけられたドアを押しあけるが、桜の手下の土筆(小手伸也)と井川(田中みな実)に見つかってしまう。

椿(小池徹平)が瞳(田中みな実)に金属バットをフルスイング!『奪い愛、夏』での暴れっぷりに視聴者驚愕「壊れた椿」

 椿が駆けつけ、なんとかその場は逃れたが、椿は逃げ出した杏を問い詰め、次は手錠を足にくくりつけ、再び軟禁状態に。「杏も協力してくれよぉぉぉ」と大声をあげたかと思いきや、狂気じみた笑顔をみせて「泣かなくていんだよ。俺が守るから」と杏の頭を撫でた。

椿(小池徹平)が瞳(田中みな実)に金属バットをフルスイング!『奪い愛、夏』での暴れっぷりに視聴者驚愕「壊れた椿」

 その後、土筆がふたりの家を放火。椿は背後から殴られ、その間に杏は桜に奪われてしまう。

椿(小池徹平)が瞳(田中みな実)に金属バットをフルスイング!『奪い愛、夏』での暴れっぷりに視聴者驚愕「壊れた椿」

 杏が桜に連れて行かれたことを知った椿は、金属バットを手に桜がいる会社へ。「杏を奪いに来ましたー桜社長だせ」「邪魔するやつはぶっ殺す」とバットを振り回し、暴れだした。

椿(小池徹平)が瞳(田中みな実)に金属バットをフルスイング!『奪い愛、夏』での暴れっぷりに視聴者驚愕「壊れた椿」

 さらに、井川が止めに入ると、「俺は女には手をあげねぇ…はずはねぇ」とニヤリ。次の瞬間、井川の横腹を思いきり金属バットで殴ってみせた。

椿(小池徹平)が瞳(田中みな実)に金属バットをフルスイング!『奪い愛、夏』での暴れっぷりに視聴者驚愕「壊れた椿」
椿(小池徹平)が瞳(田中みな実)に金属バットをフルスイング!『奪い愛、夏』での暴れっぷりに視聴者驚愕「壊れた椿」

 そんな椿の異常行動には、「狂いすぎ」「目がやばい」「椿が一番あぶないやつ」「危険人物」「壊れた椿」「椿捕まる」「今度は椿が手錠かけられる番」など視聴者から動揺の声が上がっていた。

■番組情報

奪い愛、夏』第6話

番組URL:https://abema.tv/video/episode/90-1290_s1_p6

奪い愛、夏 - 本編
奪い愛、夏 - 本編