向井理、"例のフォーム"で胡麻油をかけ笑いを誘う「こんな高くからはやらないですけど…」
番組をみる »

 俳優の向井理(37)が東京都内で開かれた「マルホン胡麻油」の新CM発表会に登場、普段からよく利用しているという胡麻油へのこだわりや楽しみ方について語った。

 CMのオファーがある前からマルホン胡麻油を愛用していたという向井は、イメージキャラクターに決まった時の気持ちを「嬉しいよりびっくり。個人的に好きな物のCMをやらせていただいて嬉しかった。」と笑顔で話した。

 実際にどのような料理をするか聞かれると「今朝はご飯に明太子をのっけてネギと胡麻油をかけた」「キャベツをちぎって塩と胡麻油だけとか」と話し、炒め物と香りづけで胡麻油の種類を変えたりするというこだわりも見せた。

 マルホン胡麻油を使った簡単料理のコーナーで、先ほど向井がプライベートでもよく作ると話していたキャベツの胡麻油かけが運ばれてくると「(僕は)こんな高くからはやらないですけど…」と俳優の速水もこみち(35)を意識するようなコメントと共に、最後の仕上げの胡麻油を高い位置からかける”例のフォーム”を見せ、報道の笑いを誘った。

 発表会の最後は「改めて胡麻油の魅力を伝えられたら」「歴史のある商品なので日本の文化として広められたらなと思います」と締めくくった。

▶動画:向井理、"例のフォーム"で胡麻油をかけ笑いを誘う(期間限定)

向井理、"例のフォーム"で胡麻油をかけ笑いを誘う
向井理、"例のフォーム"で胡麻油をかけ笑いを誘う