『凶悪』、『孤狼の血』、『凪待ち』など、現代社会に刃を突き立てるような作風で社会の闇や人間の弱さを描いてきた白石和彌監督が、今度は真正面から“家族”を描く。映画『ひとよ』が11月8日(金)より公開される。本作は、子どもたちを守るため、愛する夫を殺めてしまった母親が、15年ぶりに子どもたちと再会、家族4人が葛藤しながらも絆を取り戻そうともがく姿を描いたヒューマンドラマだ。

 壊れてしまった家族を演じたのは、佐藤健鈴木亮平松岡茉優、田中裕子と日本映画界を代表する実力派俳優たち。意外にも“血縁家族”を描いたことがなかった白石監督だが、それだけでなくオールスターキャストの起用も挑戦だったと語る。白石監督が役者の力を実感したという『ひとよ』の現場とはーー。

役者の力を再認識させられた『ひとよ』の現場

 劇団KAKUTAの舞台「ひとよ」に感銘を受けた長谷川晴彦プロデューサーに声をかけられ始まったという今回の企画。実は劇団KAKUTAの主宰で原作者の桑原裕子も松岡茉優演じる園子が働くスナックのママとして出演している。

 「長谷川プロデューサーから『すごいものを観て、白石さんと作りたい』と電話がかかってきたのが始まりです」と振り返る白石監督。舞台版では母・こはるが主人公だが、映画では次男・雄二が主人公。その理由について「不在者(母親)が戻ってきて子どもたちが右往左往する。映画としてどちらが見やすいかと考えました。親、子どもどちらの目線で見ても共感しやすいように作りました」と説明した。

 企画の段階でまず顔が浮かんだのはこはる役を務めた名女優・田中裕子だ。

 「まず裕子さんありきでした。主人公を雄二にしたといっても、核になるのは絶対に“お母さん”だから、こはるが決まらないと何も決まらない。裕子さんには何度もラブコールをしました」

 熱意は通じ、田中は快諾。さらにオファーを受けた段階から、他の仕事をストップさせ役作りを始めてくれたのだという。

「後から聞いたのですが、裕子さんはやると決めた段階から仕事をストップしてくださったらしいんです。『この役は白い髪でやりたい』と、半年くらいかけて白髪に仕上げてくださった。本当にお願いしてよかった」

 田中演じるこはるの子どもたち、雄二・大樹・園子を演じたのは佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優と、それぞれ主役級の華やかな顔ぶれ。一見、兄妹感があるとは言えないキャスティングだが、映画を見るとなるほど、違和感なくしっくりきている。

 次男・雄二を演じた佐藤には2年前にオファー。うだつのあがらないフリーライターとして働く雄二は、三兄妹の中で最もこはるに対し複雑な想いを抱えているキャラクターだ。白石監督は「うちに色々秘めて斜に構えている雄二という役が、健くんに合うのではないかと思った。それにこの世代のトップ俳優とやってみたかった」と、以前より佐藤に興味を持っていたと明かした。

 吃音症のせいで人とのコミュニケーションに苦手意識を持つという難しい設定の大樹は、映画『TOKYO TRIBE』やドラマ「天皇の料理番」、NHK大河ドラマ「西郷どん」などで役作りに定評のある鈴木に任せたいと考えた。末っ子・園子役の松岡についても「年齢的には離れているんですけど、彼女の腹の座り方が園子(に合う)」と全幅の信頼を寄せていたといい、その結果、「本人はお酒も全然飲まないんですけど、田舎のスナックにいてもはまる。カラオケが妙にうまかった(笑)」と納得のスナック嬢っぷり。

 しかし、撮影前には不安な出来事も。それは本作のクランクイン直前まで『燃えよ剣』(2020年公開予定、原田眞人監督)の撮影で近藤勇役を演じていた鈴木の衣装合わせのときのことだ。

「衣装合わせのときに鈴木亮平が想像以上にムキムキで、『すみません、近藤勇が……佐藤健と兄弟に見えますかね?』って彼も心配していたんです。いやいや、そんなこと言われたらこっちも不安になるから!(笑)」

 しかし、撮影前には不安な出来事も。それは本作のクランクイン直前まで『燃えよ剣』(2020年公開予定、原田眞人監督)の撮影で近藤勇役を演じていた鈴木の衣装合わせのときのことだ。 「衣装合わせのときに鈴木亮平が想像以上にムキムキで、『すみません、近藤勇が……佐藤健と兄弟に見えますかね?』って彼も心配していたんです。いやいや、そんなこと言われたらこっちも不安になるから!(笑)」

 そのしっくり感を作りあげた一番の功労者は松岡だ。白石監督は「現場も含めて、距離感の詰め方が本当に上手い。直感なのか、その場の空気なのか。実はあの兄妹の感じは松岡茉優ちゃんが作ってくれている。去年の東京国際映画祭で挨拶してくれたときに、『この家族の潤滑油は松岡茉優だと思ってるから、よろしくね』って言っていたんですけど、本当にそうなった。バランス力がすごい」と松岡の現場での佇まいを絶賛。

 「全員にうまいこと見せ場を作らなきゃいけない。『孤狼の血』のような映画だったら銃を持って走るだけでかっこいいので(見せ場を)作りやすいんですけど、そうじゃない」。オールスターキャストを使うことにもプレッシャーを感じていたという白石監督だが、「そういうときは、こちらが意識しなくても俳優が助けてくれるんですね」と、今回の現場で改めて役者の力を実感したと語った。

監督に言われる前から…田中裕子の用意周到な演技に驚き

 撮影が始まる前から白髪を伸ばすなど、かなりこだわりを見せていた田中だが、現場でさらに白石監督を驚かせた“用意周到な”役作りがあったという。

「裕子さんには“こうしたい”という思いがかなりあるので、自分で準備して来られることが多いです。一番びっくりしたのは、旦那を殺めて帰ってくるシーン。そのテスト撮影のときに、ネクタイがちょっとだけ曲がっていたんです。それがすごくいい感じで、衣裳部さんに『この状態をキープしてください!』ってお願いしたら、『すみません、もう縫い付けてあります!』って。裕子さんが既に準備していたんです」

 「本当にありがとうございますって感じです(笑)。楽させていただきました」と笑う白石監督。田中に影響を受け、鈴木も「大変だからやめよう」と無しになっていた大樹の設定を復活採用したそうで、「亮平くんは、よく見ると指が曲がってるんです。初稿にはあったんですけど、吃音もあるし両方あるのは大変だからやめようってなっていたんですけど、(鈴木が)どうしてもやりたいと。そのあとご飯に行ったら、食事中も曲がってました。役を引きずっていたのかな(笑)」と、その入りこみを説明していた。

 本作で佐藤は韓英恵を相手に荒々しい濡れ場も披露。そこで見せる肉体は、これまでの佐藤のイメージからすると少し緩んだラインを描いている。それは監督からの指示なのか。そう尋ねると、白石監督は「いやいや、それはしてないですよ(笑)。でも、あれ(太ったの)は狙ってると思う。でも、あのセックスが雑な感じはこっちの指示です(笑)」とニヤリと笑った。

食事シーンに現れる家族の関係性

 白石作品といえば食事シーンが印象的だ。『彼女がその名を知らない鳥たち』では、阿部サダヲが口に手を突っ込み差し歯を外したり、靴下を引っ張って脱いだりしながら食事をとり、『孤狼の血』では、対立する組の鉄砲玉に撃たれ入院中の石橋蓮司がベッドの上で元気そうにうなぎを食べ、『麻雀放浪記2020』では斎藤工が素手ですき焼きを食べていた。

 今回も、家族たちは何度も食卓を囲む。こはるが夫を殺めた直後に、子どもたちにおにぎり、卵焼き、ウインナーという運動会の定番メニューといったような夕食を出すシーンがある。日常と非日常が混在し、より悲壮感が漂い異常さが際立つショッキングなシーンだが、そこにもこだわりがあったという。白石監督はその背景を教えてくれた。

「原作では、忙しいこはるに代わって中学生の大樹がよく家族のおにぎりを作っているという設定だったんです。台本でも最初はそうしていたんですけど、やっぱりここはお母さんが作った方がいいだろうと思い、そうしました。よりシンプルな構図になったんですけど、それが正解だと思いました。実際に裕子さんに握ってもらったんですけど、それを結局子ども達は食べないんです。食べれないですよね、そんな状況で」

 食事には人間関係が現れる。母親との再会を果たした後の朝食シーンでも、雄二は食事に手をつけない。「朝ごはんのときも雄二、目玉焼きを潰したりしていて。ちゃんと食べれないんです。関係性が良ければちゃんと食べるんだけど、あの場ではああなるんですよね。今回はこちらからも指示があったんですけど、関係性が崩れていると、自然と芝居の中で誰か一人食べるのをやめたりしてしまう」と白石監督は語った。

 最後に監督にとって『ひとよ』はどんな作品か尋ねると、「正直“家族”を描くのは、自分の家族とも向き合わなければいけない、めんどくさい作業。これ一本で決着できたらいいなと思っていたんですけど、そうもいかなくなった作品です」と新たな課題に気づかされた一本であると回答。「是枝(裕和)監督は毎回毎回大変だな、と思います(笑)。これは本当に疲れる作業。終わりがないと思いました。また題材が見つかればやらざるをえない。でも、肩肘張らずにちょっとずつ、家族(の本質)に近づいていければ」と、今後も白石和彌らしく“家族”に向き合った作品を撮るつもり。切りたくても切れない、とても強固で厄介な縁、その不完全さも見つめ、白石監督の挑戦は続く。

テキスト:堤茜子
写真:You Ishii

(c)2019「ひとよ」製作委員会

稲垣吾郎×白石和彌、夢の映像企画
稲垣吾郎×白石和彌、夢の映像企画
時効警察はじめました
時効警察はじめました
孤独のグルメ
孤独のグルメ