10月24日、フィギュアイベント「TAMASHII NATION 2019」オープニングセレモニーが開催され、カンニング竹山尼神インター・誠子と渚が出席、竹山の子供時代に誠子と渚が驚くシーンがあった。

カンニング竹山、子供時代はボンボンでバイオリン少年だった「父の倒産で全部なくなった」
番組をみる »

 竹山は「小さいとき多少お金持ちだったので、すごい超合金持ってたんですよ!お父さんの会社が倒産したときに全部なくなったんですけど」と過去の苦い思い出を告白、「でも48歳になって、買えるようになった。“また買いたいな”と思っていた時に、今回のイベントに呼んでいただきすごく嬉しく思っています」「小さいときに遊んだおもちゃで、いくつになっても遊びたいって気持ちあるんですよ」と色褪せぬおもちゃ愛、そして本イベントへの喜びを語った。

カンニング竹山、子供時代はボンボンでバイオリン少年だった「父の倒産で全部なくなった」

 そんな竹山だが子供時代は「僕は今と全然違うんですけど、バイオリン少年だったんです」と告白、その事実に誠子と渚は「ええーーー!」と驚きをあらわに。「小さいころはボンボンで、バンダイさんの超合金はめちゃくちゃあったんです!全シリーズあるくらい持ってました」と裕福だった子供時代を振り返った。(AbemaTV/『AbemaNews』より)

▶動画:カンニング竹山 お坊ちゃま時代の趣味は?

カンニング竹山 お坊ちゃま時代の趣味は?
カンニング竹山 お坊ちゃま時代の趣味は?

▶動画:多重人格者・haru氏、生放送中に人格が続々と入れ代わる

多重人格・10人の自分
多重人格・10人の自分