10月26日(土)23時より、『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss to survive~』(AbemaTV)の最終回が放送され、タレントの西野未姫が涙するシーンに注目が集まった。

「あなたが戦っていたのは、バラエティの世界で作ってきた自分自身のイメージ」西野未姫、演技講師からの温かい言葉に号泣
番組をみる »

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCを、タレントの渡辺直美と、俳優の矢野聖人、お笑いコンビ・ジャルジャル福徳秀介小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、タレントの谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、高崎凌(以下:りょう/20歳)、西川俊介(以下:シュンスケ/25歳)、藤田富(以下:とむ/27歳)、山口大地(以下:ダイチ/31歳)、小泉遥(以下:こいはる/23歳)、後藤郁(以下:かおる/23歳)、詩島萌々(以下:もも/21歳)、西野未姫(以下:ミキ/20歳)、溝口恵(以下:めぐ/25歳)の男女9人。毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、9人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。

「あなたが戦っていたのは、バラエティの世界で作ってきた自分自身のイメージ」西野未姫、演技講師からの温かい言葉に号泣

 それぞれの恋の結末を迎えた9人のメンバーたちは、役者としても番組を卒業。卒業式では、act.9でスタジオゲストとして出演した歌手のPerfumeあ~ちゃんも大好きな、演技指導の澤田育子先生からのメンバーたちに送られる手紙が読まれるシーンが放送された。

「あなたが戦っていたのは、バラエティの世界で作ってきた自分自身のイメージ」西野未姫、演技講師からの温かい言葉に号泣

 その見た目から勘違いされやすかったとむには、「正直、あなたの第一印象はチャラい、その一言でした。でも、本当のあなたは全然違いましたね。周りに気を遣い、情に厚く、男気もあって、盛り上げ役もかってでる。あなたがいたからメンバー全員、最後まで乗り切れたんだと思います。私からもありがとう」と見た目とは裏腹にメンバーのムードメーカーとして現場を盛り上げていたことに感謝する内容が。

「あなたが戦っていたのは、バラエティの世界で作ってきた自分自身のイメージ」西野未姫、演技講師からの温かい言葉に号泣

 バラエティ番組でタレントとして活躍しているなか、女優として番組に出演することを決めたミキに送られたのは、「番組のルールや、なかなか思い通りにいかないメンバーの選択などと対峙しながら、でも本当にあなたが戦っていたのは、バラエティの世界で作ってきた自分自身のイメージ、あなた自身だったのではないでしょうか。過去の自分を壊すことで人は成長していくのだとしたら、あなたは20歳というその若さで急激に成長し続ける才能です。これからも頑張ってください、期待してます」と本心を的確についた内容で、これにはミキも涙。

「あなたが戦っていたのは、バラエティの世界で作ってきた自分自身のイメージ」西野未姫、演技講師からの温かい言葉に号泣

 一見、二枚目キャラに見えるが後半にかけて人間らしいギャップを見せたシュンスケには、「最初に会った時の印象はクールなイケメンでした。でも、全然クールじゃなかったですね。まるでこどものように海で遊んだり、マイケルジョーダンのシャツまで着ているのに、バスケのシュートが大事な場面で入らなかったり、セリフが抜けてしまって悔しくて男泣きしたり、素直で人間くさいあなたが私は大好きです。その人間くささこそがきっとあなたの俳優としての一番の武器だと思います。これからも頑張ってください」とありのままの姿が最大の魅力であることを示唆する内容。

「あなたが戦っていたのは、バラエティの世界で作ってきた自分自身のイメージ」西野未姫、演技講師からの温かい言葉に号泣

 最後まで主役を取ることができずに辛い思いをしたももには、「あなたにはずっと厳しいことしか言ってこなかったかもしれませんね。そして結果的に主役にさせてあげられなくてごめんなさい。あなたをそこまで引き上げられなかった私の力不足でもあります。俳優というのは、孤独な仕事だと思います。でも、だからこそ得られる変えがたい喜びもあると思ってます。これからも女優のお仕事続けてほしいと願ってます」と願いを込めたメッセージが送られた。

「あなたが戦っていたのは、バラエティの世界で作ってきた自分自身のイメージ」西野未姫、演技講師からの温かい言葉に号泣

 最年長として大人な振る舞いを見せ続けたダイチには、「メンバーのみんながどれだけあなたを頼っていたか、私も知っています。その裏側で、自分の思いや演技への真剣さを貫こうとしているだけなのに、どこかに誤解が生まれたり、誰かが傷ついたり、誰にも相談できず孤独を感じることも多かったのではないでしょうか。でも、いま隣にいる仲間たちがいつかきっとあなたの支えになってくれると信じています。さらなるご活躍を楽しみにしています」という内容で、ダイチと男同士のバトルを繰り広げたとむも横で号泣。

「あなたが戦っていたのは、バラエティの世界で作ってきた自分自身のイメージ」西野未姫、演技講師からの温かい言葉に号泣

 華やかな見た目からは想像つかないほど真面目で、恋愛面でも一途にとむを思い続けたこいはるには、「1回目のドラマで主役を勝ち取ってからは、ずっと辛かったのではないでしょうか。見た目からは想像しがたいけれど、実は不器用で、口下手で、誤解されやすくて、いっぱい損もしてきましたね。もっともっと苦しいことがあるかもしれません。そんなときはここで体験したことを思い出して、乗り越えてほしいと思います。ご活躍を楽しみにしてます」とドラ恋での成長を糧にしてほしいとエールを送った。

「あなたが戦っていたのは、バラエティの世界で作ってきた自分自身のイメージ」西野未姫、演技講師からの温かい言葉に号泣

 演技経験がなく、ドラ恋ではじめて役者の現場に飛び込んだりょうには、「毎回、稽古場にくるたびに緊張して、お腹が痛くなり、トイレにこもってましたね。演技経験のなかったあなたにとっては、きっと不安ばかりの毎日だったと思います。そんなあなたに私は随分と厳しい言葉をぶつけてきました。でもそれは、あなたが持つ初々しさに演技力を超えた俳優としての魅力を感じたからです。大切な先輩や仲間たちの思い出を財産に羽ばたいていってください」と期待を込めたメッセージ。

「あなたが戦っていたのは、バラエティの世界で作ってきた自分自身のイメージ」西野未姫、演技講師からの温かい言葉に号泣

 くじ運に恵まれず、恋愛でも役者としても悔しい思いをしてきためぐには、「演技だけでなく、この3ヶ月、ずっとずっと悔しかったと思います。でも私は一途に演技しているあなたが好きでした。最後のドラマであなたが見せてくれた演技、間違いなく名シーンのひとつだと思います。自分を貫くことはとても勇気がいります。でも、だからこそその姿がひとの心を動かすことをあなたは教えてくれました。期待しています」とその勇気を称え、めぐはボロボロと涙を流した。

「あなたが戦っていたのは、バラエティの世界で作ってきた自分自身のイメージ」西野未姫、演技講師からの温かい言葉に号泣

 とむに思いを寄せていながら、自分の気持ちに蓋をしライバルとの対決を避けたかおるには、「かおるさんは女子メンバーにお母さんと呼ばれていたそうですね。でも、いざ演技のことになると豹変する。最後のドラマのオーディションで落選が決まったときのあなたの涙、忘れません。でも、本当はほかにも泣きたいほど傷ついたこと、あったのではないでしょうか。普段の感情に蓋をして気丈に振る舞うのは、決して楽ではなかったと思います。だからあなたは演技をするのかもしれません。これからも女優として人の心を動かす演技を期待しています」と本音を打ち明けられることができず苦しかったことを諭した内容で、スタジオメンバーも大いに納得していた。

 ひとりひとりの悩みや葛藤を見抜き、的確なメッセージを送ってくれる先生には、スタジオメンバーも「すごい」「見てんだよ、全部」「メンバーにたいして言ってるのに、私たちも元気をもらえる」と感動していた。

▶︎動画:「恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss to survive~」最終回

恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss to survive~ - 本編
恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss to survive~ - 本編