恋愛リアリティショー『ときめきトラベル』の第13話に俳優の瀬戸利樹がゲスト出演。恋の駆け引きについて言及する場面があった。

 当番組では、男女7人が与えられた予算の中で旅を進め、数々のミッションをこなしながらタイを横断。バンコクから、760km先のゴールである“神秘の洞窟”を目指していく。MCはオオカミ少年・片岡正徳、恋愛見届人を相席スタートの山崎ケイ、タレントの柴田あやなが務める。

瀬戸利樹、恋の駆け引きは「しない」恋愛番組ゲストで“恋愛観”明かす
番組をみる »

 メンバーたちの中で気になる人物を聞かれた瀬戸は、男性ではセレブパーティー系男子の正太郎、女性では昆虫食が大好きなまいころを挙げた。まいころについては「僕、虫がダメなので、頼もしい」と好感を持った様子。もし好きになった人が昆虫食好きだったら「見ないふりをします」と話した。

 また、男性からされてキュンときたエピソードを聞かれると「ときめきとは違いますが、肩をガッとされる(組まれる)のはいいいですよね」といい、男女問わず安心感があると告白。

瀬戸利樹、恋の駆け引きは「しない」恋愛番組ゲストで“恋愛観”明かす

 今回の旅では、正太郎がうまくミッションをこなせなかったことに悔しさを感じ、涙する場面があった。すると瀬戸は「見てるこっちも苦しくなりました」「(好感度が)爆上がりですね」と高評価だ。

 旅7日目のラブタイム、今までレイアに通っていた芸人のゆうとは、この日初めてまいぴょんを選んだ。スタッフが理由を聞くと、毎日通うことでレイアとの関係が「なあなあになるのが嫌」だったという。さらに、最近レイアと正太郎の距離が近づいているのを感じるといい、その危機感もある様子。そこで「今日ちょっと1回(レイアに行くのを)外してみようかなって」と、作戦としてレイアのところへ行かなかったと明かした。

瀬戸利樹、恋の駆け引きは「しない」恋愛番組ゲストで“恋愛観”明かす
瀬戸利樹、恋の駆け引きは「しない」恋愛番組ゲストで“恋愛観”明かす

 恋の駆け引きについて、瀬戸は「僕はしないですね」「自分だったら(毎日会いに行く人は)同じ人になっちゃうかな」とコメント。山崎が「やっぱりイケメンはそうなんだよ!」というと、片岡は「瀬戸さんは自信があるから。ゆうとは自信がない。ねずみ男みたいな……こういうキャラクターもいるんです!」とフォロー(?)し、笑いを誘った。

※山崎ケイ(崎は正式には「たつさき」の字)

(AbemaTV放送『ときめきトラベル』より)

▶︎本編:瀬戸利樹「恋の駆け引きはしない」恋愛番組ゲストで明かす“恋愛観”(38分ごろ~)

瀬戸利樹、恋の駆け引きは「しない」恋愛番組ゲストで“恋愛観”明かす

【まとめて観る】『ときめきトラベル』エピソード一覧

『ときめきトラベル』エピソード一覧
『ときめきトラベル』エピソード一覧