2日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送され、映画やテレビドラマ化もされた恋愛小説『電車男』さながらの展開が起きる場面があった。

まるで『電車男』! カンニング竹山、番組内で起きた奇跡にコメント大盛り上がり&スタジオも喝采「サンボマスターかけろ!」
番組をみる »

 番組では愛媛県を拠点とするバンドのたけやま3.5のメンバー、武田雛歩をゲストを招いてトークを展開した。すると購入したコインで番組を応援する機能を使用する視聴者が次々と登場。そのなかで「武田雛歩は俺の人生」とコメントを寄せた「青めがね」という人物について、武田はライブにも足を運ぶファンだと明かした。

 たけやま3.5のファンの間でも有名な人物なのだそうで、何度もコインを使用しながらコメントを投下する青めがねに出演者たちも注目し、視聴者のコメント欄でも「メガネ」というワードが大量に飛び交う展開に。

 視聴者と生電話をするコーナーに入ると、竹山は「青めがね、つながんねーかなー!」と本人からの電話を熱望。すると視聴者コメントは「早よ電話してこい」「青めがねさんかけるしか」「頑張れ!頑張れ!青めがね!」などの大量のコメントが。普段の放送では競争率が高く、なかなか電話がつながらないこともあり「他の人は電話しない」と協力を求めるコメントもあった。

まるで『電車男』! カンニング竹山、番組内で起きた奇跡にコメント大盛り上がり&スタジオも喝采「サンボマスターかけろ!」

 この様子を見た番組レギュラーの古関れんは「『電車男』みたい」と発言。掛かってきた電話を取った竹山が名前を確認すると「青めがねです」と答えたため、スタジオでは喝采が上がった。コメント欄にも『電車男』の舞台となったウェブサイト「2ちゃんねる」のような「キター!」といった喜びの声が殺到し、竹山もフジテレビ系ドラマの『電車男』のエンディングテーマが『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』だったことから「サンボマスターかけろ!」と言い放った。

 青めがねは年明けからたけやま3.5のファンになったそうで「(たけやま3.5は)人生の全て」とまで言い切ると、武田も照れ笑い。視聴者コメントが盛り上がり続ける中、2人は放送翌日の群馬のライブで再会することを約束していた。

▶動画:『カンニング竹山の土曜The NIGHT#80』~たけやま3.5久々の登場~

たけやま3.5久々の登場
たけやま3.5久々の登場