母「ただ連絡がほしいだけ」一人暮らしを始めてわずか4カ月…お金も持たず、駅で消息を絶った息子
番組をみる »

 岡山県岡山市の工業高校を今年3月に卒業、津山市にある就職先近くのアパートで一人暮らししていた中山裕貴さん(19)が行方不明になったのは、今年8月25日のこと。次の日、会社を無断欠勤したことから失踪したことが判明した。

 独り立ちしてわずか4カ月後の出来事。母親の順子さんが駆け付けると、裕貴さんの部屋は洗濯物が散乱していたという。しかし普段使っていたバッグはそのままで、机の上には小銭が無造作に置かれていた。

母「ただ連絡がほしいだけ」一人暮らしを始めてわずか4カ月…お金も持たず、駅で消息を絶った息子

 1つ目の謎は、この“小銭”だ。裕貴さんが小銭の中でも500円玉や100円玉などだけを持って出たと考えた順子さんだが、部屋を調べるうち、就職祝いなど、現金6万円が残されたままだということ分かった。さらに、裕貴さんの通帳記入を毎日しているという父親によれば、残高が70万円以上あった口座からは携帯電話料金が引き落とされる程度だったという。「家出をするなら、ある程度は下ろしてからでは。何かの事情があって急に帰れなくなったのかなと」(順子さん)。

母「ただ連絡がほしいだけ」一人暮らしを始めてわずか4カ月…お金も持たず、駅で消息を絶った息子

 2つ目の謎は、“鳥取方面への移動”だ。普段は自転車で移動していたという裕貴さんだが、失踪した8月25日は、その自転車を残したまま東津山駅に向かったとみられている。裕貴さんの姿は、そこからJR姫新線で2時間ほどかかる新見駅の防犯カメラに捉えられていた。「服装は最近のお気に入りの服だった。コンビニではお昼ごはんになるような、お弁当と飲み物を1人分だけ買っていた」「新見駅で江尾駅までの特急券と乗車券を買っているということがわかって」(順子さん)。次の行先は、新見駅からJR伯備線の特急と在来線を乗り継いで1時間半ほどかかる、鳥取県の江尾(えび)駅だった。ただ、江尾駅は無人で防犯カメラもないため、ここで裕貴さんが下車したかどうかは定かではない。

 しかし順子さんは「江尾駅は全く知らない駅だし、自宅からは乗り継ぎを含め4時間半くらいかかる。わざわざ行く理由がさっぱりわからない」と首をかしげる。実は江尾駅から徒歩20分ほどの所には、大阪・東京方面の高速バス乗り場がある。ここからさらに関西や関東へ足を伸ばそうとした可能性もゼロではない。しかし、裕貴さんの住む津山市から岡山市に出れば、大阪や東京に行くのはもっと容易なのだ。

母「ただ連絡がほしいだけ」一人暮らしを始めてわずか4カ月…お金も持たず、駅で消息を絶った息子

 そして、3つ目の謎が、“失踪の動機”だ。順子さんは「トラブルなどは抱えていなかった。連絡が取れなくなるということもなく、いなくなる兆候もなかった」と話す。職場でも真面目な勤務態度で知られていた裕貴さん。最も接する機会が多かったという上司の山形鶴二さんは「新入社員でもあるので、責任あるような仕事はさせていなかった。先輩について、一生懸命やっていたような状況」と説明する。

 そんな上司や親にも言えない悩みや愚痴はなかったのだろうか。失踪のわずか1週間程前に一緒に旅行をしたという高校時代からの友人、福岡航さんは「仕事関係で困っていることとか、人間関係で悩んでいることとか、そういうことは聞いていない。思い当たる節はない。むしろボーナスが入ったら車を買うんだとか、そういう楽しみなこと話していた」と証言した。

母「ただ連絡がほしいだけ」一人暮らしを始めてわずか4カ月…お金も持たず、駅で消息を絶った息子

 ただ、裕貴さんは最近の若者には珍しく、SNSのアカウントは持っていなかったのだという。「僕の知る限り、TwitterやInstagramといったSNS系は一切やっていなかった。あるとしたらオンラインゲームで知り合うくらいだ」(福岡さん)。

 「ただ連絡がほしいだけ。みんな心配している」。有力な情報を得られないまま、行方不明から2カ月半が経っている。帰りを待つ家族は、裕貴さんに毎日LINEを送り続ける。しかし既読になることはなく、返事もない。使っていたパソコンやスマホのアカウント解除は容易ではなく、もどかしさも募る。

母「ただ連絡がほしいだけ」一人暮らしを始めてわずか4カ月…お金も持たず、駅で消息を絶った息子

 元埼玉県警捜査一課の佐々木成三氏は「家を出た時点では計画的ではなくて、短いスパンで帰ってくるつもりだったと思う。また、最初から1750円の切符を買っていたということは、やはり江尾駅に何か目的があったと思う」と推測、「長期間にわたって家出をするとなると準備が必要だ。しかしお金を下ろしたり、携帯を使ったという痕跡がないので心配な状態ではある。単なる失踪ではないと思う」との見方を示す。

 また、さくら幸子探偵事務所の姉崎一美氏は「お金が残っている、というのは我々の仕事の中ではよくあるケースで、むしろお金を持っていった方が安心だ。私たちは失踪した方が帰ってきた場合、ご家族を通してリサーチをさせて頂く。そうすると、思いつめている方は思い入れがある所に立ち寄られる傾向がある。つまり、知らない街に行くのは心身ともに健康で、余裕がある場合だ。だから可能性としてはオンラインゲームでつながった人に会いにいった、もしくは呼び出され、突発的に出ていったという可能性が考えられ得る」と分析した。

 裕貴さんに関する情報は、津山警察署(代表電話 0868-25-0110)で受け付けている。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶映像:「何でもいいから帰ってきて」失踪した中山裕貴さんはどこに? |

行方不明者はどこに?
行方不明者はどこに?