11月23日、AbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショー『こじらせ森の美女』#4が放送され、キングコング・梶原雄太(通称・カジサック)&アンタッチャブル・柴田英嗣が人気女子メンバー・詩音の積極性を絶賛した。

「負けたくないってなる」男心をくすぐる女子のキラーワードとは
番組をみる »

 同番組は、美人なのに様々な“こじらせ”ポイントを抱えているため恋愛がうまくいかない女性と、恋がしたい男性による恋愛リアリティーショー。

 「束縛美女」「私モテます美女」「夢見がち妄想美女」「元カレ依存美女」「プライドエベレスト美女」と、あらゆる“こじらせ”を抱えた美女として出演するのは、浦郷絵梨佳(絵梨佳/25歳)、なりみ(なりみ/24歳)、宮脇詩音(詩音/29歳)、松岡那夏(那夏/25歳)、光沙子(みさこ/30歳)の5人。

 そんな彼女たちのこじらせを解くのは、青山大輝(ダイキ/26歳)、永松大樹(大ちゃん/31歳)、カン・キワン(カン/24歳)、米村俊哉(よね/24歳)、そして新メンバーの新納侃(なおと/20歳)、大木貴之(タカ/31歳)の6人の王子たちだ。

 Abemaビデオでは、カジサック&柴田による副音声を配信。美女たちのこじらせ具合を厳しい目線でジャッジしていく。

「負けたくないってなる」男心をくすぐる女子のキラーワードとは

 中間告白が次週にあることを聞かされ、焦る一同。大ちゃんやよねから思いを寄せられ、新王子ふたりからもデートに誘われた人気女子メンバーの詩音もまた、焦りを感じていた。

「負けたくないってなる」男心をくすぐる女子のキラーワードとは

 そんな詩音はよねを誘い、2ショットに。「今一番喋りたいのがよねだった」「ずっとふたりで悩んできてた」と明かすと、那夏に動いていたはずのよねも「今までで一番話してくれてる気がする」「心開いてくれた感がある」と笑顔を見せ、まんざらでもない様子。

 これを見たカジサック&柴田は、「すごく積極的な人だね、詩音って」「ふたりで悩んでるとか言われたら、男的に負けたくないってなりますよね」「単純に話したいって言われたら嬉しいからね、揺らぐよ」と詩音の積極性とワードチョイスを絶賛。

「負けたくないってなる」男心をくすぐる女子のキラーワードとは

 詩音と那夏、ふたりの女性の間で揺れ動くよねに、「那夏ちゃんがそろそろ(積極的に)いったほうがいい」と那夏の恋模様を懸念する二人。果たしてよねはどちらの女性に中間告白をするのか…?

▶︎動画:#4: 恋のはじめかた、忘れちゃったみたい...。

こじらせ森の美女 - 本編 - #4: 恋のはじめかた、忘れちゃったみたい...。
こじらせ森の美女 - 本編 - #4: 恋のはじめかた、忘れちゃったみたい...。
#4裏MC カジサック&アンタッチャブル柴田の男のホンネ
#4裏MC カジサック&アンタッチャブル柴田の男のホンネ