桜井玲香が2nd写真集「視線」を11月27日に発売。これに先駆け11月26日、東京・SHIBUYA TSUTAYAにてお渡し会を開催した。

 1st写真集「自由ということ」(光文社刊)を発売してからおよそ2年半が経過。今年9月1日に乃木坂46を卒業した桜井だが、「視線」は9月半ばにアメリカ・ポートランドで撮影されたという。お渡し会前に行われた囲み取材で桜井は「卒業した直後に撮影に行ったので、アイドルと新しいスタートを歩み出した自分のちょうど狭間という1番貴重な時期に撮っていただいた」と振り返る。それから「撮影期間中はずっと食べてた記憶しかない」と笑った。

 本作にはランジェリーカットや大胆なバスタブシーンも収めされているが、これについては「卒業1発目なので、ある意味大人になったじゃないですけど、そういう意味では新しい挑戦をさせてもらったなと思います」とコメント。オススメのカットについて聞かれると、該当のページを開きながら「これはポートランドに着いてすぐの写真で、まだ手探りなところもありつつ、やっと撮影に慣れてきたのかなくらいのほぐれてきた時間だったので。そんな表情をしていると思います」と説明した。

 先日、乃木坂46の元メンバー・衛藤美彩が結婚を発表した。「年齢的にも衛藤さんとは近いので、影響を受けて結婚について考えたりしますか?」と質問され桜井は「逆に遠のいた気がします。美彩はすごくしっかりしてるし、自分はと思うと“あっ…無理だな”って思ってしまって」。それから「でも本当におめでたいことだと思います。すごくキラキラと彼女が輝いているのでよかったなって」と祝福した。

 また、AbemaTIMES編集部から「1st写真集の時はご自身でカメラを持って行って『1GBのSDカードがすぐいっぱいになった』というエピソードを話されてましたが、今回は?」という質問を投げかけると、桜井は「あ~そうだそうだ! そんなこともありましたね」と驚きの表情を浮かべつつ、「カメラどこにいったんだろう(笑)? 今回は持って行きもしなかったです。でも今はスマホもすごく性能がいいので、それで撮影しました」とお茶目なエピソードを明かしていた。

 乃木坂46を卒業をするにあたり葛藤もあったという桜井。「自分の家族と離れちゃうような寂しさがありました」とその時期について振り返る。しかしながらグループを離れてからもメンバーとは連絡を取り合い「卒業後も距離は感じない」というコメントも。お渡し会の前日も西野七瀬が舞台を観に来てくれたそうで、「なぁちゃんと一緒に写真集を見ました。いつものほわほわした感じで『いいねぇ~』って言ってくれて」とやり取りを明かし、新キャプテンの秋元真夏からも「写真集すごく好き!」と感想が届いたという。

 乃木坂46は今年も「NHK紅白歌合戦」の出場を決め、「輝く!日本レコード大賞」では「Sing Out!」が優秀作品賞に輝いた。それについて聞かれ、桜井は「先輩も後輩もそれぞれ切磋琢磨してグループがより良くなるように頑張っていると思います。世代交代も進んでいるタイミングで、先輩が入っていたポジションも空いて、アンダーや後輩の子も入ったりして今までの曲でも、またイメージの違ったパフォーマンスを見せられると思う。どんな風に進化していくのか私も楽しみにしています」とエールを送っていた。

以下、桜井玲香 写真集「視線」より

▶︎動画:乃木坂46に関する番組 配信中

#乃木坂世界旅 今野さんほっといてよ!
#乃木坂世界旅 今野さんほっといてよ!
ファンタ坂学園と大合唱計画
ファンタ坂学園と大合唱計画
桜井玲香「1GBのSDカードを1枚だけ持っていったら、すぐ一杯になっちゃって」
桜井玲香「1GBのSDカードを1枚だけ持っていったら、すぐ一杯になっちゃって」
AbemaTIMES
乃木坂46キャプテン桜井玲香、卒業生も駆けつけた卒業セレモニー・挨拶全文
乃木坂46キャプテン桜井玲香、卒業生も駆けつけた卒業セレモニー・挨拶全文
AbemaTIMES