横浜F・マリノス、がっちり首位キープ/RAGE Shadowverse Pro League 19-20 2nd
番組をみる »

対戦型オンラインTCG「Shadowverse(シャドウバース)」のプロリーグ、「RAGE Shadowverse Pro League 19-20 2nd」の第9節が12月8日に行われ、G×G、AXIZ、横浜F・マリノス、よしもとLibalentが、それぞれ勝利した。横浜F・マリノスはがっちり首位をキープ。G×Gは最下位脱出に成功し、6位に浮上した。結果は以下のとおり。

【試合結果】

横浜F・マリノス、がっちり首位キープ/RAGE Shadowverse Pro League 19-20 2nd

第1ラウンド G×G 3-2 名古屋OJA ベビースター

第1試合 2Pick ○フォレスト(ビショップ) vs さに(エルフ)●

第2試合 ローテーション ○リグゼ(ネクロマンサー) vs 隼人(ドラゴン)●

第3試合 ローテーション ●ちゃみ(エルフ) vs マサヤ(ロイヤル)○ 

第4試合 ローテーション ●Riowh(ビショップ) vs  ぼーいん(ビショップ)○

第5試合 ローテーション ※延長戦 ○リグゼ(ドラゴン) vs ぼーいん(エルフ)●

 第5試合のローテーションはG×Gのリグゼがドラゴン、名古屋OJA ベビースターのぼーいんがエルフの対戦となった。序盤、先攻のぼーいんが《ブルームスピリット》を出し有利な展開に持ち込む。4ターン目には割り切った攻めを展開するために《フェアリー》2枚と《水晶の指揮者・リリィ》で攻撃的な盤面を作り上げた。一方、リグゼは《ドラゴンバスター・イアン》のチョイスで相手の盤面に《ジェラシードラゴン・アデール》を展開し、進化時の効果でぼーいんの盤面を全処理したことで流れを変え、10ターン目に盤面に残っていた《極光の天使》と《天災のジェネシスドラゴン》の疾走で勝利を引き込んだ。

横浜F・マリノス、がっちり首位キープ/RAGE Shadowverse Pro League 19-20 2nd

第2ラウンド AXIZ 3-1 レバンガ☆SAPPORO

第1試合 2Pick ○Rob(ネメシス) vs 真春(ネメシス)●

第2試合 ローテーション ○Chino(え流布) vs Tatsuon(エルフ)●

第3試合 ローテーション ○Rumoi(ロイヤル) vs さわさき(ドラゴン)●

第4試合 ローテーション ●Gemo(ビショップ) vs きょうま(ビショップ)○

 第1試合の2PickはAXIZのRob、レバンガ☆SAPPOROの真春がどちらもネメシスを選択する対戦となった。Robは《アーティファクトリメイカー》《アーティファクトコール》などを引き、アーティファクト軸に寄せたデッキを作ったが、明確なフィニッシャーを引けず、や不安の残る形となってしまった。真春は《マキシマムメタルゴリラ》《粛清の英雄・メイシア》《キャノンハーミットクラブ》《暗雲の巫女・エネス》などを引き、明確なフィニッシャーを持ったバランスの良いデッキとなった。

 序盤は真春が《魔鉄の獅子》でアーティファクトカードをデッキに加え、4ターン目に《機械の加速兵》を出し順調な展開を作る。一方Robは《フロートボードマーセナリー》のデッキに残っていた唯一のサーチ先である《メカニカルガンナー》を2ターン目に引いてしまうなど、一方的に処理に回るなる苦しい展開になった。真春は5ターン目に《加速装置》と《暗雲の巫女・エネス》、6ターン目に《キャノンハーミットクラブ》と順調に盤面を作り上げていく。これに対しRobは、苦しい盤面処理展開となったが、9ターン目に《人形の支配者・リーアム》を引き込み最後の進化を切り、更に《レディアントアーティファクト》《操り人形》で盤面を一気に返し、逆転を狙う。10ターン目、11ターン目と《アーティファクトリメイカー》により4面展開する強い盤面を真春に押し付け続け、有利な展開に。両者1歩も譲らないギリギリの展開になったが、14ターン目、疾走の《レディアントアーティファクト》と場に残っていた《ブライトシューター》で真春の体力を削りきりRobが勝利した。

横浜F・マリノス、がっちり首位キープ/RAGE Shadowverse Pro League 19-20 2nd

第3ラウンド 福岡ソフトバンクホークス ゲーミング 1-3 横浜F・マリノス

第1試合 2Pick ●バーサ(ロイヤル) vs しーまん(ドラゴン)○

第2試合 ローテーション ●たばた(ドラゴン) vs 水煮(ドラゴン)○

第3試合 ローテーション ○カラクリ(ビショップ) vs あぐのむ(ビショップ)●

第4試合 ローテーション ●NISE(ネクロマンサー) vs みずせ(ロイヤル)○

 第4試合のローテーションは福岡ソフトバンクホークス ゲーミングのNISEがネクロマンサー、横浜F・マリノスのみずせがロイヤルの対戦となった。みずせは1ターン目から1/4の《レヴィオンの見習い・ルネス》をプレイ。2ターン目にも1/3の《レヴィオンの見習い・ルネス》をプレイしプレッシャーをかける。更に突進の《レヴィオンの魔術師・ミイム》をプレイしNISEの盤面を処理。4ターン目に《君臨する猛虎》のアクセラレート効果で更に横に並べ、1歩も盤面を譲らない展開。しかし、NISEは5ターン目に《コープスドッグ》を2枚、更に《リヴァイヴ・マナ》《荒野の休息》で《ナテラの大樹》を2枚破壊しなんとか処理に回る。その後、お互い激しい盤面の取り合いになったが、迎えた10ターン目、みずせは《白翼の戦神・アイテール》をプレイし《君臨する猛虎》で疾走を与え、この2体で《レジェンダリースケルトン》のみを取り、《妖刀の鬼・ツバキ》を潜伏状態のまま残しNISEがフォロワーを1体しか追加できない形で盤面を返す。NISEは残り1つの盤面に守護を張ることができず、みずせは次のターン、エンハンスで2回攻撃を持った《レヴィオンの見習いルネス》に、3枚目の《君臨する猛虎》で疾走とバフをかけ、《シヴァ》の効果と合わせてNISEの体力を削り切り勝利した。

横浜F・マリノス、がっちり首位キープ/RAGE Shadowverse Pro League 19-20 2nd

第4ラウンド よしもとLibalent 3-2 au デトネーション

第1試合 2Pick ○keisuke3(ドラゴン) vs cross7224(ネメシス)●

第2試合 ローテーション ○feg(エルフ) vs Spicies(エルフ)●

第3試合 ローテーション ●ソルト(ロイヤル) vs  ミル(ロイヤル)○

第4試合 ローテーション ●Surre(ビショップ) vs Enju(ビショップ)○

第5試合 ローテーション ※延長戦 ○ソルト(ドラゴン) vs ミル(ネメシス)● 

ドラゴン ネメシス

 第5試合のローテーションはよしもとLibalentのソルトがドラゴン、au デトネーションのミルがネメシスの対戦となった。序盤、ミルは《オートメーション》と《マーキュリーイージス・シオン》2枚、《機構の解放》などを多く引いてしまい動けない状態が続いた。一方ソルトは《竜の託宣》、《雷電のヴェロキラプトル》、《旋風のプテラノドン》とプレイをするが《呪われし影・ヴァイディ》は引けず。互いに盤面を取り合い、8ターン目、ソルトは《ドラゴンシェフ》、《新婚夫婦・イアン&アデール》に最後の進化を使い回復。更に《ワンダーコック》を出すことにより《呪われし影・ヴァイディ》を引きあてる。ソルトは9ターン目に、《影の侵食》の効果で一気に9点の大ダメージをミルに与える。ミルは10ターン目に《マーキュリーイージス・シオン》を出し、ダメージカットに望みをかけターンを返すが、《侮蔑の炎爪》、《呪われし影・ヴァイディ》で取られてしまい、《影の侵食》の効果でソルトの勝利となった。

横浜F・マリノス、がっちり首位キープ/RAGE Shadowverse Pro League 19-20 2nd

 第10節は12月14日に開催。G×Gは横浜F・マリノスと、よしもとLibalentは福岡ソフトバンクホークス ゲーミングと、AXIZは名古屋OJA ベビースターと、レバンガ☆SAPPOROはau デトネーションと、それぞれ対戦する。

◆RAGE Shadowverse PRO LEAGUE 5月から2月の期間で開催され、レギュラーシーズン2回、各レギュラーシーズンの上位チームで行われるシーズンファイナルに分かれる。リーグチャンピオンシップが各シーズンの優勝チームによって行われ、年間チャンピオンを決定する。RAGE Shadowverse Pro Leagueセカンドシーズンでは、1位に400万円、2位に200万円、3位に100万円と、総額700万円のインセンティブが授与される。

(AbemaTV/RAGE ShadowverseProLeague19-20 2ndシーズンより)

▶映像:横浜F・マリノスがガッチリ首位キープ

RAGE ShadowverseProLeague19-20 2ndシーズン9
RAGE ShadowverseProLeague19-20 2ndシーズン9

▶中継:RAGE ShadowverseProLeague19-20 2ndシーズン#10 12/14(土)11:00~

RAGE ShadowverseProLeague19-20 2ndシーズン10
RAGE ShadowverseProLeague19-20 2ndシーズン10