俳優の田中圭が10日、都内で行われた主演映画『mellow(メロウ)』の完成披露舞台挨拶に参加。同作において田中は、花屋の店主という役どころ、出演オファーは「お花に興味を持ち始めてからスグにお話を頂いたので、ちょっと特別な感覚がありました」と自身における"巡り合わせ"を口にした。

 田中は、昨年亡くなった母のため「花屋さん行って、1本1本選ぶようになった」と話し始め「誰かを思いながら花束にすることを体感しています」と打ち明けた。

 撮影現場における日常では「作品がアップする度に、もらうことが多い。あんまり花を(人に)あげる機会はないかな」ともらしつつ「今までは、欲しい人に譲っていました。あとは、行きつけのお店の方にプレゼントしたり…。でも、その花束もスタッフさんたちが僕に対する思いを込めたもの、今までのことゴメンナサイ」と謝り、思いに気づけなかったことを反省した。

 「そうやって、お花に興味を持ち始めてからスグにお話を頂いたので、特別な感覚です」と心の内をのぞかせた。

 イベントには、共演者の岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、そして、今泉力哉監督も登壇。この映画は、今泉監督が脚本も手掛けた恋愛群像劇。ヒロインの岡崎は、父親から代替わりし今では廃業寸前のラーメン屋を営む女店主を演じている。街で一番オシャレな花屋と廃業寸前のラーメン屋を舞台に、様々な恋愛模様が描かれる。

 上映前に行われた舞台挨拶。出来上がった作品について、田中は「一番思ったことがあります」といい「それは、誰かに興味を持つことが、凄く大事だと思ったからです。興味を持たない限り、その人はいつまでも他人なんですよね。他人事って聞いたりもしますが、そういうことではなくって、その人のことを考えたり、その人のためにとか…。好きっていう感情も素敵なのですが、そのキッカケは興味だと思うので、こういう映画がたくさんの方に愛されて、みんなが他の人に興味を持てる人が増えて、今より他人という感覚が少しでも無くなればいいなと思います」とメッセージを残していた。

 その映画『mellow』は、来年1月17日から全国でロードショー。

テキスト・写真:野原誠治

おっさんずラブ
おっさんずラブ
「おっさんずラブ」オカリナ聖地巡礼ツアー完全版
「おっさんずラブ」オカリナ聖地巡礼ツアー完全版
アフロ田中 | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
アフロ田中 | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】