YouTuberヒカル「友達いりません」ネットの炎上、SNS…息苦しさを感じる人に伝えたいこと
番組をみる »

 『中田敦彦のSTAND UP STUDY』(テレビ朝日系)に、YouTuberのヒカルがゲストとして登場した。

 当番組では、さまざまなジャンルで活躍するイノベーターが1名登場し、回ごとに人生に役立つ“旬なテーマ”を選定。中田とゲストが、それぞれの視点からプレゼンテーションを展開する。Abemaビデオでも完全オリジナル企画を含めて配信中だ。

 初回放送では、約350万人のチャンネル登録者数を抱えるYouTuberのヒカルをゲストに迎え、SNSでの炎上やネット上での批判、過剰攻撃など、息苦しさを感じる昨今の世の中を生き抜くために必要な“突破力”をSTUDYした。

YouTuberヒカル「友達いりません」ネットの炎上、SNS…息苦しさを感じる人に伝えたいこと

 約350万人の登録者数を持つ人気YouTuberのヒカルは「友達はぶっちゃけいりません」とバッサリ。世間でいう“親友レベル”が本当の友達であり、それ以外の人は「自分が追い込まれたときに助けてくれない。それほど人間の間にあるものは薄っぺらい」と持論を展開した。

 また「友達をたくさん欲しがるような人は自信がない」といい、メリットのある関係の人はたくさんいても「すべてをさらけ出せる人は家族と1~2人の親友だけで充分」と語った。

 中田は「(ヒカルは)人との距離を詰めるのがうまい」と褒め、続けてヒカルを一躍有名にした「祭りくじ」の動画に言及。この動画は、祭りくじを大量購入し、本当に当たりが入っているかを暴く内容で、店主と一触即発なシーンもある。

YouTuberヒカル「友達いりません」ネットの炎上、SNS…息苦しさを感じる人に伝えたいこと

 「人との距離の取り方が、動画の企画につながっているか」という質問に、ヒカルはある程度は認めながらも「炎上してますけどね」と自虐。中田が「炎上するのは気にならないじゃないですか?」というも、ヒカルは「中田さんは炎上を甘く見てますよ。僕の炎上を体験したらハゲますよ」と否定。

 「日本一のYouTuberになる」と目標を掲げているヒカルは「日本一になるには好感度が必要」と考え、自身はそれが欠けていることに気づいたという。YouTuberとして活動する上で、最近はメンバーを増やし、メンバーの好感度を上げることで、自身の好感度アップに努めていると話した。「あいつらは利用価値があるんですよ」と毒舌で笑いを取ると、中田が「向こうは友達だと思ってるかも」とフォロー。しかし、ヒカルは「いや、部下です」と笑いながらも断言した。

YouTuberヒカル「友達いりません」ネットの炎上、SNS…息苦しさを感じる人に伝えたいこと

 また、トレードマークである黒と金の髪について聞かれると、「髪の毛が全部金髪だとヤンキーだと思われる」「ヤンキーの言葉は届かない」といい、これも好感度のためだと説明。

 MCの中田は「攻めているようでしっかりバランスを見ている」とヒカルを分析。「行き過ぎたときはちょっと戻る。その考えが彼の髪型にも出ている」「黒が減りだしたら要注意!」とコメントし、笑いを誘った。

(『中田敦彦のSTAND UP STUDY』より)

▶︎本編:YouTuberヒカル、“空気を読みすぎる人”にメッセージ「ウソをつきまくれ」(期間限定)

【無料期間あり】#1 YouTuberヒカルと「突破力」をSTUDY
【無料期間あり】#1 YouTuberヒカルと「突破力」をSTUDY
YouTuberヒカル「友達いりません」ネットの炎上、SNS…息苦しさを感じる人に伝えたいこと

▶︎本編:【Abema限定】中田敦彦が「突破力」の正体を解説(43分ごろ~)

YouTuberヒカル「友達いりません」ネットの炎上、SNS…息苦しさを感じる人に伝えたいこと