12月14日、AbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショー『こじらせ森の美女』#7が放送され、アンタッチャブル・柴田英嗣のお気に入り男子・よねの行動に注目が集まった。

プライドエベレスト美女か束縛美女か…二人の“こじらせ女子”の間で揺れる男子の気持ちをアンタ柴田が代弁
番組をみる »

 同番組は、美人なのに様々な“こじらせ”ポイントを抱えているため恋愛がうまくいかない女性と、恋がしたい男性による恋愛リアリティーショー。

 「束縛美女」「私モテます美女」「夢見がち妄想美女」「元カレ依存美女」「プライドエベレスト美女」と、あらゆる“こじらせ”を抱えた美女として出演するのは、浦郷絵梨佳(絵梨佳/25歳)、なりみ(なりみ/24歳)、宮脇詩音(詩音/29歳)、松岡那夏(那夏/25歳)、光沙子(みさこ/30歳)の5人。そんな彼女たちのこじらせを解くのは、青山大輝(ダイキ/26歳)、永松大樹(大ちゃん/31歳)、カン・キワン(カン/24歳)、米村俊哉(よね/24歳)、そして新メンバーの新納侃(なおと/20歳)、大木貴之(タカ/31歳)の6人の王子たちだ。

 スタジオMCには、お笑い芸人のゆりやんレトリィバァ、女優の筧美和子を迎え、Abemaビデオでは、キングコング・梶原雄太(通称・カジサック)とアンタッチャブル・柴田英嗣による副音声を配信。美女たちのこじらせ具合を厳しい目線でジャッジしていく。

プライドエベレスト美女か束縛美女か…二人の“こじらせ女子”の間で揺れる男子の気持ちをアンタ柴田が代弁

 前回、気になる那夏が「プライドエベレスト美女」であることを知ったよねは、改めて2ショットとなり、そのこじらせの詳細を聞くことに。那夏は、自身のこじらせの内容を詳しく話しつつ、「よねのことを気になっているのはもちろんだし、もっと知っていきたいと思ってるけど、好き、付き合いたいってなるのには時間がかかってしまう」と泣きそうになりながらもよねへの本音を明かした。

プライドエベレスト美女か束縛美女か…二人の“こじらせ女子”の間で揺れる男子の気持ちをアンタ柴田が代弁

 那夏の思いを聞いたよねは、「はじめてちょっと感情がでてるのが見れて、まじで嬉しい」と笑顔。ふたりの距離が縮まったかと思われた。

プライドエベレスト美女か束縛美女か…二人の“こじらせ女子”の間で揺れる男子の気持ちをアンタ柴田が代弁

 しかし、その後、よねは「束縛美女」である詩音とダイキが2ショットをしているところへ登場。ダイキからの告白を断り、よねへ告白していた詩音は驚きつつも、少し嬉しそうな表情を浮かべた。

 これには、カジサック&柴田も「よね!??」と思わずシンクロ。「今じゃねえべ~」「キチィ~」「ダイキンマンついてねぇ~」とせっかくのチャンスをよねに奪われてしまったダイキに同情し、「もうダイキンマン携帯出せって!(詩音にパスワードを)共有しちゃえって!」と応援した。

プライドエベレスト美女か束縛美女か…二人の“こじらせ女子”の間で揺れる男子の気持ちをアンタ柴田が代弁

 3ショットになると、詩音は、携帯のパスワードを知りたいなど束縛行動をするようになったのには、元カレに浮気をされたという事実があったからであることを告白。「不安にさせたのはそっちじゃんって思っちゃう」と、相手にも悪いところがあったからゆえの束縛であることを明かした。

 それを聞いたよねは、「自分的には、那夏に絞るためにも(詩音の話を聞きに)きたけど、消すほどの材料にはならなかった」と、詩音との関係に踏ん切りをつける予定がそうではなくなってしまったことをポツリ。「実際消せないかも…」と詩音に気持ちが傾きはじめているようだった。

プライドエベレスト美女か束縛美女か…二人の“こじらせ女子”の間で揺れる男子の気持ちをアンタ柴田が代弁

 那夏といい雰囲気になったにも関わらず、詩音を気になっている様子のよねに、カジサックは「よね、どないなってんですか?」「僕はちょっとなんか怒ってますけどね」とイライラ。

プライドエベレスト美女か束縛美女か…二人の“こじらせ女子”の間で揺れる男子の気持ちをアンタ柴田が代弁

 だが、よね推しの柴田は、「しょうがねえじゃん!だって那夏がいまいちはっきりしてくんねぇから」「まだ束縛のほうが軽いかもしれない。ワンチャン聞きに行ってみよう…で聞きに行ってみたら、“そういう感じの束縛?”みたいな」とよねの気持ちを代弁し、擁護。カジサックは納得しつつも、「ダイキンマン推しになりましたわ!」と一途に詩音にアピールを続けるダイキ派であるようだった。

▶︎動画:#7:ごめん、私は変われない。

こじらせ森の美女 - 本編 - 【 #7裏MC カジサック&アンタッチャブル柴田の男のホンネ】
こじらせ森の美女 - 本編 - 【 #7裏MC カジサック&アンタッチャブル柴田の男のホンネ】
こじらせ森の美女 - 本編 - #7:ごめん、私は変われない。
こじらせ森の美女 - 本編 - #7:ごめん、私は変われない。