金田朋子&木村昴&大河元気による“官能小説の生朗読”に安元洋貴「地獄絵図!」
番組をみる »

 12月13日に行われたAbemaTVの声優トークバラエティ「声優と夜あそび」の公開生放送で、同番組の火曜MCである金田朋子木村昴、金曜MCの大河元気が官能小説の朗読にチャレンジ。企画の進行役を担当した月曜MCの安元洋貴は、過激かつエキセントリックな内容を「地獄絵図!」と一刀両断した。

 東京・水道橋のシアターGロッソで上演された「声優と夜あそび」の公開生放送イベント「夜あそびヒーローショー」では、ヒーロー役を演じた大河の“修行”という名目で火曜日の恒例企画「官能小説朗読会」を実施。ホラーテイストなメイクを施した金田と、金髪のウィッグとネグリジェで女装した木村がステージに登場すると、会場には悲鳴まじりの歓声と笑い声が沸き起こった。

 奇妙な扮装をして「ぽぽちゃん(金田の夫である俳優・森渉の愛称)は私のもの!」と言い争う2人の姿に、ヒーロースーツに身をまとった大河は呆然。進行役を務める安元も「妖怪だ、妖怪がいる……」と戦慄する中、3人はダミーヘッドマイクに向けて官能小説「いっぱい出るのね」(橘真児/イースト・プレス)を読み聞かせることに。つとめて真剣に朗読する大河に対し、金田と木村は超ハイテンションで艶っぽいセリフを読み上げ、視聴者コメント欄には「腹がよじれる」「火曜日強い笑」「笑いが止まらない」「元気くん頑張って!笑」と爆笑が広がっていた。

 3人の朗読が終わるなり、進行役の安元は「地獄絵図!」とバッサリ。一部始終を見守っていた金曜MCの関智一も、ヒーローショーの聖地・シアターGロッソらしからぬ企画内容に「明日の朝には子供たちがいっぱい来るんだからね!」とツッコミを入れた。一方の金田と木村は、「セクシーだったでしょ?」と満足げ。「声優と夜あそび」の各曜日の中でもとりわけ自由でエネルギッシュな火曜MCの2人らしい“熱演”を受けて、観客からは大きな拍手が寄せられていた。

(AbemaTV/『声優と夜あそび』より)

▶動画:金田朋子&木村昴&大河元気の“官能小説の生朗読”に視聴者「笑いが止まらない」

大河元気、官能小説の朗読にチャレンジ
大河元気、官能小説の朗読にチャレンジ

▶動画:「声優と夜あそび 2nd season | 金曜日」エピソード一覧

エピソード一覧
エピソード一覧