ただの“鬼つながり”じゃない!椿鬼奴の「鬼滅の刃」愛は本物だった「作品に恥ずかしくないように生きたい」
番組をみる »

 人気アニメ「鬼滅の刃」に登場する耳飾りをしていたことがきっかけに、思わぬ反響を得ているお笑い芸人・椿鬼奴。4月から半年間放送されたアニメの大ヒットを受けて「アニメ人気に乗っかった」「鬼つながりだから」と思う人がいてもおかしくはないが、現実はまるで違う。「作品に恥ずかしくないように生きたい」というほど、作品愛が溢れまくっている。バラエティ番組の過酷ロケにも、主人公・竈門炭治郎のひたむきで前向きな姿勢に勇気をもらっている。原作も第1話の連載スタートから読み続けている筋金入りのファンに、2019年を代表するアニメの魅力について聞いた。

ただの“鬼つながり”じゃない!椿鬼奴の「鬼滅の刃」愛は本物だった「作品に恥ずかしくないように生きたい」

-「鬼滅の刃」に触れたのはいつからですか。

 椿鬼奴 ジャンプ本誌からですね。その前から雑誌は買っていたので、1話目を読んだんです。展開が早かったし、結構衝撃的なコマが出てくるまでも早かったですね。連載当初から、周りの人に薦めていました。ジャンプショップに行った機会に、炭治郎の耳飾りと、禰豆子のエコバッグを買いました。

-その耳飾りを番組でつけていたことが話題になりました。

 椿鬼奴 最初につけて出たのは、博多華丸さんの番組「もらい酒みなと旅」なんですけどね、その時は誰にも何も言われませんでした(笑)。その後に「タモリ倶楽部」に出たら、ネットで「鬼奴が炭治郎の耳飾りつけてる」って話になって。普段、あんまりネットとか見ないんですけどね。私は何度もつけてたのに、時間の経過とともに鬼滅のファンが増えているんだなあと分かったのが、タモリ倶楽部の時でした。

ただの“鬼つながり”じゃない!椿鬼奴の「鬼滅の刃」愛は本物だった「作品に恥ずかしくないように生きたい」

-アニメはいつから見ましたか。

 椿鬼奴 放送始まって結構経ってからですね。「すごくいい」って聞いて。1話を見たら、すごくきれいで、アニメを作っている方々の熱意がすごいなと思いました。実景というか、景色が実写みたいなことに、まずびっくりしました。雪の中をサクサク歩く、足元のカットとか、すごいですよね。

-漫画とアニメの違いで、特に印象的だったところはありますか。

 椿鬼奴 漫画でも巻頭カラーとかセンターカラーとかありますけど、アニメってことは全部に色が付くわけじゃないですか。漫画は基本モノクロですけど、アニメは当然ですけど、血が黒い色をしていない。なので、見ている方としては緊張感がありましたよね。その分、残酷さはアニメの方が増しましたけど、それも絶妙ですよね。原作の1コマってくらいの秒数しか見せないというか。惨劇を意識させるには、絶妙な秒数だったと思います。

ただの“鬼つながり”じゃない!椿鬼奴の「鬼滅の刃」愛は本物だった「作品に恥ずかしくないように生きたい」

-映像クオリティについてはファンの間でも評判でしたが、特にお気に入りのシーンはありますか。

 椿鬼奴 「最終選別」で出てくる、藤の花のところですね。7日間やって、ようやくたどり着いた藤の花がめっちゃきれいですよね!炭治郎の目から見える景色に、すごく陰と陽がきれいに現れていて。あれも本物(実写)と思うくらいです。

ただの“鬼つながり”じゃない!椿鬼奴の「鬼滅の刃」愛は本物だった「作品に恥ずかしくないように生きたい」

-好きなキャラクターについて教えてください。

 椿鬼奴 やっぱり3人組ですよね。竈門炭治郎、我妻善逸、嘴平伊之助。善逸は、あんな感じですけど、本当は強いのがかっこいいですよね。あと、善逸のおかげで見られる、炭治郎の表情がいいですよね。善逸にしかしない蔑んだ目とか(笑)3人が揃うことで、コミカルになるところがすごく好きですね。炭治郎も突っ込むことがあるじゃないですか。でもボケでもある。善逸がツッコミでギャーギャー言っていて、伊之助が大ボケって感じですかね。お笑いに例えるなら。

ただの“鬼つながり”じゃない!椿鬼奴の「鬼滅の刃」愛は本物だった「作品に恥ずかしくないように生きたい」

-炭治郎は過酷な状況から戦い続けています。

 椿鬼奴 この前「世界の果てまでイッテQ!」の収録があったんですけどね、過酷なロケだったんですよ。私は足がすくんで、さんざん時間かけて泣いちゃうこともある。でも、ガンバレルーヤとかオカリナとかは、ひょいひょいやっていく。そういう時に、炭治郎が「長男だから我慢できた」っていった言葉がすごく強くて。私も長女だから(笑)。いくら打ち付けられても我慢できる、鼓舞する言葉として「長男」っていうのはいいなあって。

 炭治郎みたいな人になりたいと思いますよね。憧れです。妹(禰豆子)が1人、生き残ってくれたことが大きいですよね。もっとやさぐれてしまいそうなものだし。冨岡義勇さんにも、最初はなんでこんなこと言われるんだろうってことまで言われるけど、鬼殺隊の人も家族がやられてしまった人が多いから、慰めよりも喝を入れる方が効くって経験上、知っているんでしょうね。炭治郎もそれに応えて体を動かすけれど、それも禰豆子が生きていることが、全ての動力だと思います。

ただの“鬼つながり”じゃない!椿鬼奴の「鬼滅の刃」愛は本物だった「作品に恥ずかしくないように生きたい」

-今後は劇場版も控えています。多くの「鬼滅の刃」ファンに向けてのメッセージをお願いします。

 椿鬼奴 私にとって「鬼滅の刃」は、辛いときのバイブルになっています。炭治郎の言葉で心を救われることが多いので、鬼滅ファンの方には「鬼滅の刃」に恥ずかしくないように生きてほしいと思うし、そう心掛けたら人生が楽しくなるというか、人生が前向きになるんじゃないかと思います。

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

▶動画:2019年アニメの代表作「鬼滅の刃」エピソード一覧

鬼滅の刃 各話リスト
鬼滅の刃 各話リスト