「アフリカのサラリーマン」最終話、若本規夫ら豪華声優陣がゲスト出演
番組をみる »

 アニメ「アフリカのサラリーマン」最終話に若本規夫たちがゲスト出演した。豪華キャストで注目を集め続けた同アニメについて、畳谷哲也監督は、「一つの舞台演劇を見せられている気分でした」と振り返っている。

 ガム氏による同名コミックを原作とした「アフリカのサラリーマン」は、日本的な社会を生きるアフリカの動物が繰り広げる“社畜コメディ”。アフリカの大手企業に務めるライオン、オオハシ、トカゲたちのリアルで世知辛いサラリーマン生活をコミカルに描いている。

 最終話にあたる第12話「アフリカのサラリーマン」には、前回に続くゲストキャストである大塚芳忠(トラ役)と速水奨(ヒョウ役)に加えて、若本規夫(AFUKADO部長役)と中川梨花(OLフェネック役)がゲスト出演した。これまで同アニメは、椎名へきる、子安武人、杉田智和、石原夏織、福山潤や、人気YouTuberの兄者&弟者たちがゲスト出演してきたが、最後までキャストの豪華さで視聴者を驚かせた。Twitter上では、「まさかまさかの若本さんwww」「何これゴールデン洋画劇場?」「声優さんが豪華すぎてアゴ外れそうだった」といった反響が巻き起こった。

 畳谷監督はTwitterで、「アフレコ現場最高でした」と振り返った。「ライブのセッションのように、声優さんたちが演技でバトルするフリースタイルダンジョンの熱量が毎回新鮮かつ、かっこよくて、役者の力を圧倒的に見せつけられました。一つの舞台演劇を見せられている気分でした」と続け、作品に関わった声優たちの演技を称賛している。

(C)Project AFRICAN OFFICE WORKER 2019

▶本編:畳谷監督、「アフリカのサラリーマン」声優陣の演技を絶賛

第12話「アフリカのサラリーマン」
第12話「アフリカのサラリーマン」

▶本編:「アフリカのサラリーマン」エピソード一覧

エピソード一覧
エピソード一覧