12月28日、AbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショー『こじらせ森の美女』#9が放送され、キザな演出に失敗した男性メンバーに酷評が飛び交った。

「百万回の『愛してる』なんかよりも…」Aqua Timezの歌詞に影響を受けた男、意中の女子を抱きしめようとして撃沈
番組をみる »

 同番組は、美人なのに様々な“こじらせ”ポイントを抱えているため恋愛がうまくいかない女性と、恋がしたい男性による恋愛リアリティーショー。

 「束縛美女」「私モテます美女」「夢見がち妄想美女」「元カレ依存美女」「プライドエベレスト美女」と、あらゆる“こじらせ”を抱えた美女として出演するのは、浦郷絵梨佳(絵梨佳/25歳)、なりみ(なりみ/24歳)、宮脇詩音(詩音/29歳)、松岡那夏(那夏/25歳)、光沙子(みさこ/30歳)の5人。そんな彼女たちのこじらせを解くのは、青山大輝(ダイキ/26歳)、永松大樹(大ちゃん/31歳)、カン・キワン(カン/24歳)、米村俊哉(よね/24歳)、そして新メンバーの新納侃(なおと/20歳)、大木貴之(タカ/31歳)の6人の王子たちだ。

 スタジオMCには、お笑い芸人のゆりやんレトリィバァ、ゲストにブロガーの&タレントのゆきぽよを迎え、Abemaビデオでは、キングコング・梶原雄太(通称・カジサック)とアンタッチャブル・柴田英嗣による副音声を配信。美女たちのこじらせ具合を厳しい目線でジャッジしていく。

「百万回の『愛してる』なんかよりも…」Aqua Timezの歌詞に影響を受けた男、意中の女子を抱きしめようとして撃沈

 高身長のバリスタ王子・ダイキは、一途に想う詩音を振り向かせるためにとっておきの秘策を決行することに。詩音を2ショットに誘うと、「Aqua Timezの等身大のラブソングわかる?それの歌詞に“百万回の「愛してる」なんかよりも 一度ギュッと抱き締めた方が早いだろう”みたいな歌詞があるんだけど、たしかにそうだなって思って…」と話し始めた。

「百万回の『愛してる』なんかよりも…」Aqua Timezの歌詞に影響を受けた男、意中の女子を抱きしめようとして撃沈

 すると、詩音は「なんとなく先が見えてきちゃった」と苦笑い。歌詞の通り実行しようと「抱きしめてもいいですか?」というダイキに、詩音は「ごめん、できない」と返答した。

「百万回の『愛してる』なんかよりも…」Aqua Timezの歌詞に影響を受けた男、意中の女子を抱きしめようとして撃沈

 一連の流れを見ていたスタジオの女性メンバーは、ダイキの行動に「困る~」とドン引き。ゆきぽよからは「ちょっと言ってることがキザすぎて、ドラマの観すぎ?」と、桃からは「あれが許されるのは好きな男だけ」と厳しいコメントが。

「百万回の『愛してる』なんかよりも…」Aqua Timezの歌詞に影響を受けた男、意中の女子を抱きしめようとして撃沈

 副音声のカジサック&柴田からも「(ダイキンマンの)キンマンのほうが出ちゃってるかもしんない」「これ言う前にやるやつじゃないの?」「なんで先に説明しちゃうんだよ~」と厳しいツッコミが寄せられていた。

▶︎動画:こじらせ森の美女 #9

#9 抱きしめても、いいですか?こじらせ森の美女
#9 抱きしめても、いいですか?こじらせ森の美女