12月28日、AbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショー『こじらせ森の美女』#9が放送され、「元カレ依存美女」に優しい言葉をかける元アスリート王子に注目が集まった。

元カレを忘れられない…過去の恋に縛られるこじらせ女子へのベストアンサー
番組をみる »

 同番組は、美人なのに様々な“こじらせ”ポイントを抱えているため恋愛がうまくいかない女性と、恋がしたい男性による恋愛リアリティーショー。

 「束縛美女」「私モテます美女」「夢見がち妄想美女」「元カレ依存美女」「プライドエベレスト美女」と、あらゆる“こじらせ”を抱えた美女として出演するのは、浦郷絵梨佳(絵梨佳/25歳)、なりみ(なりみ/24歳)、宮脇詩音(詩音/29歳)、松岡那夏(那夏/25歳)、光沙子(みさこ/30歳)の5人。そんな彼女たちのこじらせを解くのは、青山大輝(ダイキ/26歳)、永松大樹(大ちゃん/31歳)、カン・キワン(カン/24歳)、米村俊哉(よね/24歳)、そして新メンバーの新納侃(なおと/20歳)、大木貴之(タカ/31歳)の6人の王子たちだ。

 スタジオMCには、お笑い芸人のゆりやんレトリィバァ、ゲストにブロガーの&タレントのゆきぽよを迎え、Abemaビデオでは、キングコング・梶原雄太(通称・カジサック)とアンタッチャブル・柴田英嗣による副音声を配信。美女たちのこじらせ具合を厳しい目線でジャッジしていく。

元カレを忘れられない…過去の恋に縛られるこじらせ女子へのベストアンサー

 自身を想い続けてくれるカンとの向き合い方に悩んでいた「元カレ依存美女」の絵梨佳は、占い師に相性が良いと判断されたタカを誘い、2ショットへ。「元カレ依存」というこじらせについて、タカの意見を問うことにした。

 すると、タカは「忘れる必要ないと思うわけ。だって無理なんだもん。若い頃のいい思い出じゃんって思う」「元カレとして見るからみんな悪いイメージなんだと思う。尊敬してるから好きだと思うんだよ」と一刀両断。

元カレを忘れられない…過去の恋に縛られるこじらせ女子へのベストアンサー

 ほかの男性とは違う捉え方をしてくれたタカに、絵梨佳は「自分がこじらせてないんじゃないかって感覚になっちゃった」と笑顔を見せた。

 タカの大人な考え方には、スタジオの女性メンバーも「大人やな~」「(絵梨佳が)カンくんといるときより楽しそう」「(絵梨佳の)表情が全然違う」と絶賛。

 副音声のカジサック&柴田も「これ落ちちゃうよ」「タカちゃんかっこいい」「解決しちゃった」「”解決えみちゃんねる”や」「えみさん(上沼恵美子)も同じこと言ってると思う」と冗談まじりに、タカを称賛した。

▶︎動画:こじらせ森の美女 #9

#9 抱きしめても、いいですか?こじらせ森の美女
#9 抱きしめても、いいですか?こじらせ森の美女