1月4日、AbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショー『こじらせ森の美女』#10が放送され、「私モテます美女」がこじらせを克服しようとするシーンに注目が集まった。

「モテたい」という気持ちを乗り越えて…こじらせ美女が自分を変えるために下した決断とは
番組をみる »

 同番組は、美人なのに様々な“こじらせ”ポイントを抱えているため恋愛がうまくいかない女性と、恋がしたい男性による恋愛リアリティーショー。

 「束縛美女」「私モテます美女」「夢見がち妄想美女」「元カレ依存美女」「プライドエベレスト美女」と、あらゆる“こじらせ”を抱えた美女として出演するのは、浦郷絵梨佳(絵梨佳/25歳)、なりみ(なりみ/24歳)、宮脇詩音(詩音/29歳)、松岡那夏(那夏/25歳)、光沙子(みさこ/30歳)の5人。そんな彼女たちのこじらせを解くのは、青山大輝(ダイキ/26歳)、永松大樹(大ちゃん/31歳)、カン・キワン(カン/24歳)、米村俊哉(よね/24歳)、そして新メンバーの新納侃(なおと/20歳)、大木貴之(タカ/31歳)の6人の王子たちだ。

 スタジオMCには、お笑い芸人のゆりやんレトリィバァ、ゲストにブロガーの&タレントのゆきぽよを迎え、Abemaビデオでは、キングコング・梶原雄太(通称・カジサック)とアンタッチャブル・柴田英嗣による副音声を配信。美女たちのこじらせ具合を厳しい目線でジャッジしていく。

 今回は、こじらせ美女から想いを寄せている王子にハートの手紙を渡して気持ちを伝えることに。誰からも手紙がもらえなかった王子は強制リタイアという残酷なルールが告げられた。

「モテたい」という気持ちを乗り越えて…こじらせ美女が自分を変えるために下した決断とは

 強制リタイアのルールを知った大ちゃんは、すぐさまみさこを誘い、アピール。タカとの間で揺れるみさこに、「いまは素直にみさみさのことが好きって自分でも胸はって言えるし、一緒にこの旅を終えたいって思う」「俺は絶対に後悔させない自身あるし、みさみさを幸せにしたい」とハグをした。

「モテたい」という気持ちを乗り越えて…こじらせ美女が自分を変えるために下した決断とは

 しかし、大ちゃんの想いはみさこに届かず。みさこは大ちゃんを呼び出すと、「朝、心動かされた。でも、私の中でこじらせを成長して向き合いたいって思うのが大ちゃんではなかったです」と告白。「このままだと私にとってのこじらせの八方美人なところとか、ずっとブレていっちゃうから。自分のなかで直して好きな人と向き合いたいって思ってここにきてるから」とハートの手紙を複数人に渡すことができたにも関わらず、大ちゃんには渡さない選択をしたことを明かした。

「モテたい」という気持ちを乗り越えて…こじらせ美女が自分を変えるために下した決断とは

 その後、意中のタカにだけハートの手紙を渡すみさこに、カジサック&柴田は「みさみさがムッチャ素敵な女性に見えてくる」「ほんとだーいすき!」「一番いい子だよ」「自分が追いかけてた大ちゃんを振ったんだから」と大絶賛。

「モテたい」という気持ちを乗り越えて…こじらせ美女が自分を変えるために下した決断とは

 タカも「大ちゃんにもカードあげることできたのに、俺にだけだよって言ってくれたし。みさみさのこじらせは正直、俺は嫌です。でもこれからちょっとずつ、向き合って行けたらいいなっていまは思います」と喜んだ。

「モテたい」という気持ちを乗り越えて…こじらせ美女が自分を変えるために下した決断とは

 だが、そんなふたりのもとへ絵梨佳が登場。カンにも手紙を渡した上で、「昨日タカちゃんと話すことができてもっと知りたいなって思ったし、みさみさを見てるタカちゃんだけど、わたしのことを見て欲しいなって思ってハートの手紙を書いた」とタカにも手紙を渡した。

「モテたい」という気持ちを乗り越えて…こじらせ美女が自分を変えるために下した決断とは

 カンの知らないところで、タカにもアピールを始めた絵梨佳の行動には、スタジオも驚愕。カジサック&柴田も「こいつ悪い女だわ」「今1番嫌い」「誰がかわいそうってカンくんだよ!」と恐怖を感じたようだった。

▶︎動画:『こじらせ森の美女』#10

#10 ありがとう、でもさよなら。こじらせ森の美女
#10 ありがとう、でもさよなら。こじらせ森の美女