1月11日、AbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショー『こじらせ森の美女』#11が放送され、思いを寄せ合う男女の混浴でのバックハグに注目が集まった。

混浴しながらバックハグ 恋愛経験少なめの“こじらせ女子”の反応は?
番組をみる »

 同番組は、美人なのに様々な“こじらせ”ポイントを抱えているため恋愛がうまくいかない女性と、恋がしたい男性による恋愛リアリティーショー。

 「束縛美女」「私モテます美女」「夢見がち妄想美女」「元カレ依存美女」「プライドエベレスト美女」と、あらゆる“こじらせ”を抱えた美女として出演するのは、浦郷絵梨佳(絵梨佳/25歳)、なりみ(なりみ/24歳)、宮脇詩音(詩音/29歳)、松岡那夏(那夏/25歳)、光沙子(みさこ/30歳)の5人。そんな彼女たちのこじらせを解くのは、カン・キワン(カン/24歳)、米村俊哉(よね/24歳)、そして新メンバーの新納侃(なおと/20歳)、大木貴之(タカ/31歳)の4人の王子たちだ。

 王子からの最終告白を前にした最後の1泊2日の旅行。メンバーたちには、男女の距離を縮めるために、ラスト混浴チャンスが与えられた。

 昼間のデートでなおとからの真剣な気持ちを聞いた「夢見がち妄想美女」のなりみは、なおとからの申し出を承諾し、混浴することに。

混浴しながらバックハグ 恋愛経験少なめの“こじらせ女子”の反応は?

 「恋愛経験がないからどうしていいかわかんなくて。引っ張ってってくれたらついていけるように頑張りたい」となりみがいまの気持ちを明かすと、なおとは「引っ張っていくよ」と微笑んだ。

混浴しながらバックハグ 恋愛経験少なめの“こじらせ女子”の反応は?

 さらに、なおとはなりみにバックハグを提案。なりみは大照れしながらも、なおとのまっすぐなアピールにこじらせが解けてきているようで、「男性にたいしての考え方が変わってきてる」「あともうちょっとって感じですね」と語った。

▶︎動画:『こじらせ森の美女』#11

#11 どれだけ待てば君は振り向く? こじらせ森の美女
#11 どれだけ待てば君は振り向く? こじらせ森の美女