28日、「M-1グランプリ 2019」を「コーンフレーク」ネタで制したミルクボーイ・駒場孝(33)と内海崇(34)が、ケロッグ公式応援サポーター就任式に出席。コーンフレークネタの“ケロッグ公式バージョン”を披露した。

ケロッグ公式バージョン ネタ全文

駒場「いきなりですけどね、うちのオカンが、好きな朝ごはんがあるらしいんやけど、その名前を忘れたらしくてね」

内海「朝ごはんの名前忘れてもうて~。どーなってんねんそれは」

駒場「いろいろ聞くんやけど、全然わからへんねんな」

内海「ほんなら俺がな、オカンの好きな朝ごはん、一緒に考えてあげるから。どんな特徴を言うてたか教えてみてよ」

駒場「甘くてカリカリしてて、牛乳とかかけて食べるやつやねんな」

内海「コーンフレークやないかい。その特徴完全にコーンフレークやがな。すぐわかったやんこんなんもう」

駒場「ちょっとわからへんねんな」

内海「なにがわからへんのよ」

駒場「オレもコーンフレークやと思ってんけど、オカンが言うにはな、死ぬ前の、最後のご飯もそれでいいっていうねんな」

内海「ほなコーンフレークと違うか。人生の最後がコーンフレークでいいわけないもんね……って言いましたけど、やっぱり改めて食べたら、人生の最後がコーンフレークでもええかもしれへん」

駒場「せやねん」

内海「コーンフレークはね、栄養満点やから。寿命も伸びるかもしれへんしね。そう思ってたのよ、俺はずっとー。ほな、他なんかいうてなかったか?」

駒場「なんであんなに栄養バランスの五角形がでかいんかわからんらしい」

内海「ほなコーンフレークやないかー。パッケージにかいてる五角形、めちゃくちゃでかいんやから……というてましたけど、あれ五角形じゃなくて、あれは十角形なのよ。これはすごいことよ、それくらい栄養がはいってるってことなんやから、俺はそう思ってたのよずっとほんとほんまに。ほな他なんかいうてなかたか?」

駒場「食べてる時にだれに感謝してええかわからんらしい」

内海「コーンフレークやないか。コーンフレークは生産者さんの顔が浮かばへんのよ。浮かんでくるのは腕組んでるトラの顔だけ……って言うてましたけども、やっぱり工場長さんとお会いしたから、これからは工場長さんの顔が浮かびますし、あのトラもね、ちゃんとトニー・ザ・タイガーっていう名前があるのよ。な?それをちゃんとわかっておかなあかん。そんで今のパッケージはな、こう腕組んでるやつじゃなくて、ああいう可愛いやつになってんのよ。これもちゃんと知っておかなあかん。それはもうコーンフレークや。オカンの好きな朝ごはんはコーンフレークよ」

駒場「でもな、オカンがいうにはな、コーンフレークではないっていうのよ」

内海「ほなコーンフレークちゃうやないかい。オカンがコーンフレークではないって言うなら、コーンフレークちゃうがな。って言うかね、コーンフレーク、コーンフレークっていうてきたけど、あのトラのパッケージは、コーンフロスティっていう名前なのよ。だからオカンが言いたいのは、コーンフレークじゃなくて、コーンフロスティってことやんか、それは。だからきょうは帰って、オカンに『コーンフロスティやろ』って教えてあげようよ」

駒場「そうします」

内海「だからね、ちびっこもね、コーンフレークって言うか、コーンフロスティを食べて、みんな、大きくなろう!」

  “ケロッグ公式バージョン”は、M-1グランプリで披露したネタをポジティブにアレンジしたもの。内海は「これをね、M-1でやらしていただいてたんですけども」とボケを入れ、“行ったり来たり漫才”に掛けて駒場も「牛乳かけたりかけなかったり漫才」と笑顔を見せた。

 M-1グランプリ後、ミルクボーイの2人の生活は激変したそう。ケロッグという大手からのオファーに、内海は「ホンマにあの漫才してよかった」と万感の面持ち。一方、駒場は「今年のM-1はケロッグさんをネタにするコンビが増えるんじゃないですか?取られないように気を付けないと……」と危機感をにじませていた。

▶︎動画:ミルクボーイ、コーンフレークネタ・ケロッグ公式バージョンを披露

ミルクボーイ 生活激変で本音告白
AbemaTV