2月8日(土)23時より、『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』act.3が放送され、ドラマの設定さながらの三角関係に注目が集まった。

義理の妹と禁断の恋をする男とその彼女…ドラマの設定と酷似した三角関係の行方は?
番組をみる »

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCを渡辺直美あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、井上佑(以下:たすく/24歳)、千綿勇平(以下:チワ/28歳)、南北斗(以下:ほくと/21歳)、木村葉月(以下:はづき/19歳)、日比美思(以下:みこと/21歳)、平田梨奈(以下:ひらりー/21歳)、若菜(以下:わかな/26歳)の男女7人。

 毎回、配られる全6話の連続ドラマ台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたち男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに、今回はシーズン史上初の途中で新たなメンバーが加入するという新ルールが追加された。

 ドラマ第2話の台本は、血の繋がらない兄妹である大樹と恵子に加えて大樹の彼女役として梨花というキャラクターが登場。恵子が転がり込んだ大樹の部屋に、梨花が訪れたことで始まる三角関係の物語で、大樹とキスシーンを演じるのは恵子ではなく梨花。メンバーたちは、大樹と梨花としてオーディションを受けることになった。

義理の妹と禁断の恋をする男とその彼女…ドラマの設定と酷似した三角関係の行方は?

 オーディションの結果、主演に選ばれたのはたすく&みことペア。三角ペアとして同じくたすくとオーディションを受けたはづきは、残念ながら恵子役として選ばれた。

義理の妹と禁断の恋をする男とその彼女…ドラマの設定と酷似した三角関係の行方は?

 この結果に、はづきは「負けちゃって悔しいって思います…悔しかったなぁ…」と悔しさを告白。続けて、「ほんとにたすくくんのほうがもっと演りたいっていうか本当に自然だったんですよ。本当に付き合ってたっけって思うくらいすごい楽しくできたので。これは恋心芽生えるかなって…。はづき個人の人間としては気になってます」とたすくへの想いが強くなっていることを明かした。

義理の妹と禁断の恋をする男とその彼女…ドラマの設定と酷似した三角関係の行方は?

 その想いゆえに、はづきはドラマの撮影中も積極的にたすくへアピール。妹感満載で自然とスキンシップを取り、それを見ていたみことは複雑な表情を浮かべていた。

義理の妹と禁断の恋をする男とその彼女…ドラマの設定と酷似した三角関係の行方は?

 その後、本番でたすく&みことのキスシーンを目の当たりにしたはづきは、自分の想いを重ねて恵子として涙。

義理の妹と禁断の恋をする男とその彼女…ドラマの設定と酷似した三角関係の行方は?

 撮影後のインタビューでは、「ふたりのやりとりみてて、すごい似合ってるなって思って。梨花と大樹っぽさ、カップルぽさがあってすごいお似合いだなって思っちゃったんで」と惹かれ合うたすく&みことへの思いを打ち明け、「兄弟っていう壁を改めて感じさせられたなって」と役と同じく壁を感じたことを語った。

義理の妹と禁断の恋をする男とその彼女…ドラマの設定と酷似した三角関係の行方は?

▶︎動画:恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~act.3

恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~act.3
恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~act.3