「つるのさんに受験資格がなくて、俺にあるのはおかしい!そんな制度やめよう!」橋下氏が保育士試験制度に怒り
番組をみる »

 保育士の資格取得を目指し、4月に通信制の短大に入学することを宣言したことが話題を呼んだタレント・つるの剛士。6日のAbemaTV『NewsBAR橋下』に出演し、橋下氏とともに制度の問題点について語り合った。

 つるのが「国家試験を受けよう、勉強しようと参考書を買ってきて調べたら、僕には受験資格がないことがわかった。実は1991年3月31日以前に高校を卒業した人には資格がある。しかし1994年に卒業している僕には資格がない。今はとにかく高校の保育科、専門学校、短大、大学を出ている、もしくは2880時間以上の実務経験がなければいけない。愕然とした。そして残念だという嘆きのツイートをした。後ろ向きになってるわけじゃなく、短大に行って頑張りますと。資格をくれではなく、せめて受験をさせてくれと。ただ、サービスのつもりで“5児父親、ウルトラマン変身の資格、チャギントンお兄さん歴10年、すくすく子育て司会歴3年”と書いたら、“なんだ、保育士なめてんのか!なれるわけないだろ!プロの世界と子育ては違うんだ、軽々しく言うな”という意見がめちゃくちゃ来た。確かに子どもと肌で触れ合う仕事だし、2880時間も大事だと思うけれど、それと大学4年間の勉強がイコールなのかなと…」と話すと、橋下氏は「アホか!それアホ!」と怒りを露わにし、次のように制度を批判した。

「つるのさんに受験資格がなくて、俺にあるのはおかしい!そんな制度やめよう!」橋下氏が保育士試験制度に怒り

 「保育士さんは大変な仕事だし、レベルの高い勉強が必要だということも認める。だけど、大卒か高卒は関係なく、試験に受かればいい。僕には子どもが7人いるが、おむつを替えたの1回、お風呂に入れたの2回。ご飯を食べ残した時は張り倒したし、子どもが女の子と揉め事を起こしたときはどつき倒した、だけど、大学を卒業しているから保育士試験の受験資格はある。保育専攻だったらわかる。でも、全く関係ない政治系経済系。それなのに、つるのさんにその受験資格が無いって、おかしいわ!それでいいの?。やめようよ、こういうくだらない制度。でもそんなことがあっても、つるのさんは笑顔。俺だったら怒り狂って、厚労省に行ってると思う(笑)。地位を上げるためにそういう制度にしたんだろうけど、時代は変わった。試験の中身でステータスにしていかないと。こういう問題を国会議員はやれよと思う」。

 そして、「保育士資格については、僕も首長時代におかしいと言った。資格は重要だと思うが、働く人全員が持ってないといけないものだろうか、と。医師もそうだが、働く環境が悪くなっている原因の一つに、チームで仕事ができないということがあると思う。つまあり、全員に資格がないといけないから人手が足りないとなる。そこで大阪では、資格を持っていない人に研修を受けもらって、保育士1人に対して2人を配置してもいいという仕組みを導入した。そしたら保育士の方から、“お前は馬鹿にしてんのか!我々は国家資格でやっているのに、研修ぐらいでできると思うな!”という意見が来た。でも、実際には事故も起きていない」」と指摘。

「つるのさんに受験資格がなくて、俺にあるのはおかしい!そんな制度やめよう!」橋下氏が保育士試験制度に怒り

 さらに橋下氏は保育士の待遇についても、「保育士の給料が安いのは間違いないから上げていかないといけないし、若い人が大変な目に遭うのは何とかしなければいけない。ただ、橋下と言うと、保育士が足りないと言っている人たちからしたら鬼、悪魔。なぜかと言えば、僕は大阪で保育士の給料を下げに行ったから。しかし、これは言っておきたい。意図としては、保育士の給料の官民格差があまりにもひどかったから、官を下げなければならないということだった。そうすると、民間に補助金を入れれば公務員の給料もそのままにできるという意見もある。しかし、いきなり税金でやってしまうと、国全体だと大変な額になってしまう。一方、民間の認可保育所には内部留保金という貯金部分があるはずだから、まずそれを充てて下さいという立場だ。本来、公務員の給料は民間、そして他の産業と比べて考えるのが普通だと思うし、その考えは今も変わらない。そもそも待機児童問題は東京のメディアが言うから全国的な問題に見えるけれど、東京、名古屋、大阪などの都市部が7~8割くらいを占めている。保育士の給料を上げろ上げろという中で、有権者から文句を言われるのが嫌な国会議員が全国一律で税金を入れてしまった」と話していた。(AbemaTV/『NewsBAR橋下』より)

▶映像:橋下氏とつるの剛士が育児対談

ゲスト:つるの剛士
ゲスト:つるの剛士
「保育士になりたい」つるの剛士が激白
「保育士になりたい」つるの剛士が激白