2月15日(土)23時より、『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』act.4が放送され、元AKB48メンバーの平田梨奈の恋愛模様に注目が集まった。

「本当に下手なんです、恋愛」元AKB48・ひらりー、誰からも指名されず落ち込み 『ドラ恋』act.4
番組をみる »

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCを渡辺直美あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、井上佑(以下:たすく/24歳)、千綿勇平(以下:チワ/28歳)、南北斗(以下:ほくと/21歳)、木村葉月(以下:はづき/19歳)、日比美思(以下:みこと/21歳)、平田梨奈(以下:ひらりー/21歳)、若菜(以下:わかな/26歳)、そして新メンバーの根岸拓哉(タクヤ/23歳)の男女8人。

 毎回、配られる全6話の連続ドラマ台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたち男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。

 第三話のペア決めは、男子からの指名。新メンバーのタクヤはわかなを、たすくはみことを、チワははづきを指名し、ほくとは自動的にひらりーとペアとなった。

「本当に下手なんです、恋愛」元AKB48・ひらりー、誰からも指名されず落ち込み 『ドラ恋』act.4

 最後まで残ってしまったひらりーは、「誰からも選ばれてない、気になる人(たすく)も選んでくれなかった、前回ペアだった人(チワ)も選んでくれなかった…やばいよ」と誰からも指名されなかったことに落胆。「本当に下手なんです、恋愛」と意中のたすくへ全くアピールできていないことに頭を抱えた。

「本当に下手なんです、恋愛」元AKB48・ひらりー、誰からも指名されず落ち込み 『ドラ恋』act.4

 そんななか、ペアとなったほくととはアイススケートデートに行くことに。自然と手を繋いだりと距離が縮まり、笑顔が絶えないデートとなった。

「本当に下手なんです、恋愛」元AKB48・ひらりー、誰からも指名されず落ち込み 『ドラ恋』act.4

 その後、ほくとはひらりーに「気になっている人いるんだ?」と質問し、「俺は想像できている」と前回ペア決めで指名したチワだと予想していると明かすが、ひらりーは否定。「みんなそれも思うと思う。それぐらい誰にも気づいてもらえてない」「ちょっとでも分かってもらえる行動しないとと思ってる」と自身の恋愛について語った。

「本当に下手なんです、恋愛」元AKB48・ひらりー、誰からも指名されず落ち込み 『ドラ恋』act.4

 これを見ていたスタジオメンバーは、「絶対(ほくとは)自分だと思っちゃってたよね」「あの会話の感じだとね」「そういうときあるよね!」とひらりーの発言により、ほくとが勘違いしてしまったのではないかと心配していた。

▶︎動画:ほくと&ひらりーのスケートデートほか 『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』act.4

恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~ - 本編 - act.4 加速する想い
恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~ - 本編 - act.4 加速する想い