中高生の整形手術が身近に?メリットの一方、高額な費用や“依存症”の懸念も
番組をみる »

 近年、若い女性の間で、整形手術が身近なものになりつつあるという。整形を経験した女性300人へのアンケート調査では、初めて整形したのは18歳~20歳が38%、17歳以下も17%に上っており、現役高校生500人を対象とした別のアンケート調査でも、61.1%が“してみたい”と回答。“個人の自由だと思う”という回答が、およそ8割を占めている。

 実際、街で中高生たちに話を聞いてみると、声をかけた全員が自身に経験はないと話すも、「二重整形とか埋没とか、よく話す。整形した子が周りに10人ぐらい」「めっちゃいる。公表してない人もいるけど、だいたい気づく」「整形はアップデート。今よりさらに可愛くなるための過程の一つ。手術というよりはメイク」「二重にしている子が結構いる。やっぱり急に変わるから、“なんかやったの?”と聞いたら、あ、プチ整形やったんだよねみたいな」と、ごく当たり前のものになっていることを伺わせる。

■ドクター選びが大事

中高生の整形手術が身近に?メリットの一方、高額な費用や“依存症”の懸念も

 整形に関する疑問や施術の様子をYouTubeで発信している東京中央美容外科・池袋院院長の井上真梨子医師は「美容整形を受ける人の数自体が急激に増加している。小中校生の整形の数も増えている。今の時期は学年や学校の変わり目なので、全体の10分の1くらいを占めている」と話す。

 井上医師によると、中高生の行う整形で最も多いのが「二重術」だという。「最も多いのは埋没法といって、瞼を糸で留めて二重をつくる施術だ。アイプチは皮膚を伸ばして二重を固定するので、ずっとやっているとたるんでしまう。それが二重にするときれいになる」。

中高生の整形手術が身近に?メリットの一方、高額な費用や“依存症”の懸念も

 1本あたりおよそ600円、3カ月で1本消化すると仮定して年間2400円かかるアイプチに対し、「スタンダードクイック法」という二重術(1点留め)の場合、両眼で4530円からできるのだという。「これはもっとも安いケースで、10万円を超える場合もある。また、埋没法は永久的なものではく、仮留めのようなものなので、数年で糸が取れてしまうことも多い。それでも瞼が癖づいているパターンが多いが」(井上医師)。

 一方、井上医師は成長することを踏まえ、「やりすぎると崩れることはあるが、成長と共に手術したところが変になるということは基本的にはない。ただ、一度鼻を高くすると、もっと高くしたい、目ももっと二重の幅を広くしたいなど、思いが過剰になり、中には依存症になってしまう人もいる。だから私は小中学生の場合、あまり大掛かりなことはせず、希望があったとしても、二重の埋没など戻せるもの、軽いものにとどめているし、“しなくていいんじゃない”と止めることもある。それでも自由診療なので、お金目的で無理に勧めたり、やらなくていい施術をする医師もいる。やはりドクター選びは大事だ」と指摘した。

■「自分の顔を少し好きになった」

中高生の整形手術が身近に?メリットの一方、高額な費用や“依存症”の懸念も

 また、井上医師は「10代で整形しようというのと、20代、30代で整形をしようというのとでは、意気込みや重みが違う。いじめや、就活などで印象が悪くなってしまうなどの重大な理由で受診する人が多い」と話す。

 17歳の時に涙袋にヒアルロン酸を入れたのを皮切りに、二の腕や太ももの脂肪吸引など、2年間で600万円を使ったと話すのが、ミスiD2019の望月めるだ。

 きっかけは、好きだった人がいじめっ子と付き合い出したことだったという。「中学校の時、告白したが振られた。その人が私のことをいじめていた子と付き合い始めた。その子がすごくかわいかった。だから、かわいかったらもっと人生楽しかったのかなと思って、絶対に整形しようと決めた。親と仲が悪かったので相談できず、おばあちゃんに相談した。“将来崩れるよ”とめっちゃ反対されたけど、泣きながら“オーディションに受かりたいから”と何回も頼んで、やっと許してもらえた」。

中高生の整形手術が身近に?メリットの一方、高額な費用や“依存症”の懸念も

 整形して、「自分の顔を少し好きになった」という望月。「昔は絆創膏で二重を作って学校に行っていた。授業中に飛び出て先生に怒られたこともあったので、すごく楽になったなと思う」。他方、「目尻切開をして50万円ほどかけたが、物足りなさすぎてもう1回やった。また払った。さらに30万円以上。周りからもうやめた方がいいよと言われ始めたので、私は整形にはとりあえず満足。でも好きな人に言われたら、また変えてしまうかもしれない」とも明かした。

■「これからもまだやりたい箇所が何カ所かある」

中高生の整形手術が身近に?メリットの一方、高額な費用や“依存症”の懸念も

 アイドルグループ「8FLAG」メンバーで大学3年生の小鳥遊まゆうは、高校3年生の時に鼻を整形。その後、目と鼻、輪郭、骨削りを含めた輪郭など、あわせて270万円を使ってきたという。

 高校生の時に“鼻が変”と言われ、うつ病になってしまったことが整形のきっかけだという。「仲が良かった男の子に、急に“お前は鼻が変だ”と言われ、そこからすごく顔を気にするようになって不登校になり、引きこもりになってしまった。もともとアイドルに憧れていたので整形をして、自信を持って外にも出られるようになった。これを言うとめちゃめちゃ叩かれるが、最初の高校生の時の手術費用は親に出してもらった。最初は何度も“そんなの無理に決まっている。整形なんてダメだ”と言われていたが、“大学受験がんばるから”と言って、実際に受かったので母親に80万円くらい払ってもらった。他は、アイドル活動をしている時のギャラで」。

中高生の整形手術が身近に?メリットの一方、高額な費用や“依存症”の懸念も

 整形のデメリットについて、「世間一般の目がそんなに良くはないのと、一度鼻を整形した時に傷跡が残ったことがあったので、修正してもらったり。今でも傷が残っている」と話すが、「メイクの時間ももちろん短くなったし、アイプチをしていると夜になるにつれてポロポロごみのようなものが出てきてしまう。絶対整形の方がいいと思う。 私はこれからもまだやりたい箇所が何カ所かある。時間も2年くらい、お金もあと150万円くらいあるので。ファンも理解してくれている」と語った。

■我が子に整形を勧める親も

中高生の整形手術が身近に?メリットの一方、高額な費用や“依存症”の懸念も

 さらに井上医師によると、最近の傾向として、我が子に整形を勧める親もいるという。「クリニックによって基準などが異なるが、基本的に未成年者は基本親権者の同意が必要なので、18歳以下であれば親権者の同意書と、親権者の人と来てもらう必要がある。そうでないとできないが、中には親に連れてこられて受ける人もいる。私が手術をした最年少は11歳の男の子で、しかも双子。お母さんが“この子は絶対一重より二重の方が可愛い”という感じで連れてきた。当日は帰して、“よく考えて。1カ月は考えてきてね”と言ったが、そういう場合は親も過去に整形してよかったなと思った経験のある人が多い。この場合もそうだった」。

 人気YouTuberで、整形を公表しているちいめろは、「自分の子どもに整形をさせるか」との問いに、「本人が顔に対してコンプレックスを抱いていないのに、こっちが“やりなよ”というのは変な話。別に整形自体はいいけど、デメリットもあるので」とコメント。

 紗倉まなは「いつの時代にも“なりたい顔”、“憧れる顔”というものがあるが、それは普遍的なものではなく、うつろいやすいもの。いま自分が信じている美、思い描いている美が将来も同じなのかどうかは自分自身でも問うべきだと思うし、特に未成年の方は親御さんも含めて議論すべきことだと思う」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶映像:整形はアップデート? JK時代に数百万円かけた女子が生出演!

整形はアップデート? JK時代に数百万円かけた女子が生出演!
整形はアップデート? JK時代に数百万円かけた女子が生出演!
急増する美容整形の背景とは? 整形100回超のキャバ嬢が生出演
急増する美容整形の背景とは? 整形100回超のキャバ嬢が生出演