窪田正孝、10年ぶり三池崇史監督と再タッグ「三池さんの“遠さ”を改めて感じた」
番組をみる »

 映画『初恋』の記者会見が25日、日本外国特派員協会で行われ、俳優の窪田正孝(31)、監督の三池崇史(59)が出席した。

 完全オリジナル作品となる本作は三池監督初のラブストーリーで、余命わずかなプロボクサー・葛城レオが、ヤクザに追われる少女・モニカを助けたことから起こる一夜の抗争を描いた物語。

 2008年に放送されたテレビドラマ『ケータイ捜査官7』以来、およそ10年ぶりに三池監督作品に出演する窪田は、「19歳だった当時は右も左もわからず、監督に届けという思いでひたすらに芝居していて。10年経って三池さんと会ってみると、僕も少し緊張が解けたのか喋りやすくなったんですね。それが10年の変化なのかなと思います」とコメント。三池は「2人が共通しているのは、常に映画を作る現場にいること。この10年、止まる間も無くフィルムは回り続けて一瞬だった」と振り返り、「その10年で歳を取ったなと思うが、窪田くんの方は随分出世した。神様って冷たいな」と笑いを誘った

窪田正孝、10年ぶり三池崇史監督と再タッグ「三池さんの“遠さ”を改めて感じた」

 三池監督について窪田は「今日の場もそうですが、三池さんに連れてきてもらったっていう感覚でしかないです。この作品に関われて、監督と主役という立場でできたことの喜びが全てであり、感謝です」と話し、「そうそうたる役者さんが『三池監督とやりたい』と思うような、まだ右も左もわからない自分に魅力ある現場を一番最初に与えられたからこそ、違う現場では三池さんの"遠さ"を改めて感じたりもしました」と敬意を示した。

 また、ボクサー役を演じるにあたり「アクションシーンは良く覚えています。体を張って、日にも当たらず夜行性のようにやっていたので印象的でした」と振り返り、「刀を持った方が楽だし銃とか最強じゃないですか。だから(武器を持たない)僕が一番準備したのは間違いないです。1ヶ月前からほぼ毎日ジムに通い、ひたすら打ち込みをして、縄跳びを飛び、たくさんお肉を食べて、見た目を良くしました」と、体作りに対するストイックな姿勢を語った。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)

▶︎動画:窪田正孝、10年ぶり三池崇史監督と再タッグ「三池さんの“遠さ”を改めて感じた」

窪田正孝、10年ぶりに三池監督作品出演
窪田正孝、10年ぶりに三池監督作品出演