「絶対幸せにする」性格もイケメン・ひろよし、年上美女にストレートに告白!Niki&鷲尾伶菜「カッコいい」と興奮
番組をみる »

 毎週月曜日よる10時から放送中のAbemaTV(アベマTV)『今日、好きになりました。』(通称『今日好き』)。2日は、卒業編の第6話。継続メンバーとして合流したばかりのひろよしが、ゆいなに潔く“逆告白”した。

 『今日好き』とは、運命の恋を見つける、恋の修学旅行をテーマとした恋愛リアリティーショー。ルールは異国の地で二泊三日を繰り返し、最終日に告白。そこでカップルになったら終了、なれなかったら次の旅を続けるかどうか選べる、というもの。恋愛⾒届⼈はNiki鷲尾伶菜E-girls)、井上裕介NON STYLE)だ。今回の旅は特別に、三泊四日のスペシャルバージョンとなっている。

今回参加するのはこのメンバー!

 メンバーは、ひめか(高2)、あかね(高2)、りほ(高3)、ともか(高3)、そして「グアム編」からの継続メンバー・ゆいな(高3)の5人。男子は、やまと(高2)、「台湾編」からの継続メンバー・いっせい(高3)、「ソウル編」からの継続メンバー・たける(高3)、そして「夏休み編」からの継続メンバー・ひろよしの4人だ。そして今回、ゆいなへの気持ちを確信したひろよしの、男らしさ全開の告白に注目が集まっている。

「絶対幸せにする」性格もイケメン・ひろよし、年上美女にストレートに告白!Niki&鷲尾伶菜「カッコいい」と興奮

 3日目夜。ディナータイムでひめかはひろよしに、気になる女子について質問。すると、ひろよしは「(あかねとゆいなの)2人気になっててんけど、今は一人に絞った」と明言。リベンジメンバーとして1日遅れで合流したにもかかわらず、一人に絞ったことに「めっちゃいい、その決断力」と称賛したひめかは、その相手がゆいなだと気づき、「(気持ちを)言ってあげて」と、ゆいなの座っていた椅子を指さした。

「絶対幸せにする」性格もイケメン・ひろよし、年上美女にストレートに告白!Niki&鷲尾伶菜「カッコいい」と興奮

 午後8時。プールサイドに集まったメンバーに告げられたのは、「今夜、男子が一人だけ告白できる」という新ルール。成立したら最終日をカップルとして過ごすことができ、成立しなくても旅を続けることができる。翌日に女子からの告白を待つものと思っていた男子たちは、突然の“逆告白”ルールに「うわー!」「今晩考えようと思ってた」と頭を抱え、戸惑い気味……。

 そんな中、「じゃ、俺いきます!」と潔く手を挙げた男子がいた。さきほどひめかに「一人に絞った」と断言していたひろよしだ。ひろよしは「ゆいなちゃん、行こう」と声をかけると、ゆいなはうなずき、2人はプールサイドへと向かった。

「絶対幸せにする」性格もイケメン・ひろよし、年上美女にストレートに告白!Niki&鷲尾伶菜「カッコいい」と興奮

 他のメンバーも見守る中、ひろよしの告白が始まった。ゆいなを見つめながら「驚かせてごめんな」と切り出したひろよしは、『グアム編』を見て“一番可愛い”と思っていたゆいなが継続するかもしれないという思いから、今回の旅を決めたのだと打ち明けた。

 そして、ゆいなとの出会いが現実となったひろよしは、クールなゆいなが時折見せる笑顔や、大人な雰囲気に魅かれているといい、「自分が描いている、理想の女の子」とゆいなを表現。たけるのことを想うゆいなの気持ちを理解しつつ、「俺はずっと好きやから」「年下やけど、絶対リードして幸せにする」とアピール。最後は「好きです。付き合ってください」とストレートに告白し、右手を差し出した。

「絶対幸せにする」性格もイケメン・ひろよし、年上美女にストレートに告白!Niki&鷲尾伶菜「カッコいい」と興奮
「絶対幸せにする」性格もイケメン・ひろよし、年上美女にストレートに告白!Niki&鷲尾伶菜「カッコいい」と興奮

 長い沈黙……。ひろよしに「顔を上げてください」とお願いしたゆいなは、たけるにも気持ちがあることから「まだ絞れていない」と正直に回答。そして、ひろよしの想いをしっかり受け止めつつ、告白まで「一日考えたい」と前向きな姿勢を見せた。

 この流れに、スタジオの井上は「(カップル成立が)あるぞ!これ!」と大興奮。迷いのないひろよしの行動に、鷲尾とNikiも「かっこいい」と大絶賛だった。

「絶対幸せにする」性格もイケメン・ひろよし、年上美女にストレートに告白!Niki&鷲尾伶菜「カッコいい」と興奮
「絶対幸せにする」性格もイケメン・ひろよし、年上美女にストレートに告白!Niki&鷲尾伶菜「カッコいい」と興奮

 ひろよしの告白が、ゆいなの心を動かすのか……!?次週『今日、好きになりました。』は、3月9日(月)よる10時~。

▶動画:この恋を、"思い出"で終わらせたくないから。今日好き卒業編#6

この恋を"思い出"で終わらせたくないから。
この恋を"思い出"で終わらせたくないから。