仕事に邁進していて結婚を全く考えていなかったというフリーアナウンサーの神田愛花が、3月5日のAbemaTV『NewsBAR橋下』で、「夫に出会って、初めて結婚したいと思った」と、夫であるバナナマン・日村勇紀との馴れ初めを語った。

 「夫がコスプレしている番組にゲストで呼んでいただいた時、後ろに座っていた。そうしたら、夫のコスプレの衣装がサイズアウトしてしまっていて、着られていなかった。背中の部分の何カ所に紐をつけて結んでいて、地肌が全部見えていた。それに“わあ、すごい。かっこいいな”と思った。新調してくれとも言わずに、背中の地肌が全部見えていても、紐で何とかする。ああステキだなと(笑)」。

 今は日村の体型管理をしているというが、「外で食べてしまうみたいで痩せない」と語り、「元々は一人暮らしなので、トイレは立ってしていたみたいだが、一緒に住むようになってから掃除は私がするので、反抗せず“分かりました”と。何度言っても忘れちゃうので、毎回ポケットの中にティッシュが入っていないか確認する(笑)。もう諦めた。酔っ払って帰ってくると確認しないで洗濯機に入れてしまう」と明かした。(AbemaTV/『NewsBAR橋下』より)

▶映像:橋下氏とフリーアナ神田愛花が欧米でのアジア人差別など議論

橋下氏とフリーアナ神田愛花が欧米でのアジア人差別など議論
AbemaTV