藤崎マーケット・トキ、“ラララライ体操”で追い詰められ…大御所MCの番組にわざと遅刻
番組をみる »

 過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが、自らのしくじった経験を教えてくれる『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)。

 Abemaビデオでは今回珠玉の授業を振り返る『しくじりクラシック』をオンエア。藤崎マーケット(田崎佑一、トキ)が“ラララライ体操のイメージ強すぎ先生”として登壇し、2014年に“神回”と大反響を呼んだ授業を改めてお届け。番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”には平成ノブシコブシ吉村崇、ハライチの澤部佑、タレントの菊地亜美、女優の堀田茜、お笑いコンビのフレミング(※2016年解散)が登場した。

▶︎動画:藤崎マーケット、月収300万円で「性格までおかしくなった…」【期間限定・無料期間あり】

 ラララライ体操で一躍人気者になるも、東京ではラララライ体操ばかりを求められ、突然増えた給料に「性格までおかしくなっていた」と語る藤崎マーケット。

 トキは3日間不眠不休で六本木を徘徊するなど、おかしな行動をするようになる。さらには大物MCのバラエティ番組にわざと遅刻したこともあったという。出演者らが口々に「わざと? どういうこと?」と詳細を聞こうとするも、トキは生気のない表情で黙ったままだ。

藤崎マーケット・トキ、“ラララライ体操”で追い詰められ…大御所MCの番組にわざと遅刻
藤崎マーケット・トキ、“ラララライ体操”で追い詰められ…大御所MCの番組にわざと遅刻

 遅刻した理由を聞かれると、トキは「おかしくなってた」とボソリと呟き、さらに「もう嫌になりまして」とテレビが嫌になっていたことを告白。「どうにでもなれ」「殺してくれ」と極限状態だったという。

 当時、東京のディレクターに「面白くない芸人杯」に勝手にエントリーされた藤崎マーケット。「波田陽区と藤崎マーケットどっちがおもしろくないか?」などの質問を一般の人にインタビューしていき、優勝を決める内容だった。優勝した藤崎マーケットは、さらに東京で追い込まれていく。

 また、バラエティ番組の台本もおかしくなっていた。一例で紹介された台本は、藤崎マーケットのラララライ体操がスベる前提で作られていた。再現台本を見た“担任役”の若林は「ここまできたら予言書」と驚き。

 そこで、藤崎マーケットが東京のディレクターに「違うネタをやらせてほしい」と頼むと、ディレクターはOKしながらも「2パターンもらっていい?」とラララライ体操バージョンも要求。オンエアでは毎回ラララライ体操のみが放送され、藤崎マーケットの別ネタは「1度も流れたことがない」という。

(「しくじり先生 俺みたいになるな!! CLASSIC」より)

▶︎本編:藤崎マーケット・トキがわざと遅刻! 大物芸能人がMCを務めるバラエティ番組とは?(期間限定・無料視聴あり)

【本編】#42 藤崎マーケット リズムネタは麻薬!「ラララライ体操」の呪縛
【本編】#42 藤崎マーケット リズムネタは麻薬!「ラララライ体操」の呪縛

▶︎本編:【まとめてイッキ見】しくじり先生 俺みたいになるな!! エピソード一覧

【まとめてイッキ見】しくじり先生 俺みたいになるな!!
【まとめてイッキ見】しくじり先生 俺みたいになるな!!