3月23日、AbemaTVオリジナル結婚リアリティーショー『さよならプロポーズ シーズン2』のスタジオ収録が行われ、その後実施された合同取材に、番組MCの小籔千豊辻希美が参加。番組の見どころや結婚観、挑戦したいことなどについて語った。

 「さよならプロポーズ」シリーズは、長く付き合いながらもなかなか結婚に踏み切れない“とある理由”を抱える2組のカップルが、7日間の海外旅行を経て、結婚か別れを決断する様子に密着する結婚リアリティーショー。3月28日(土)よる10時からスタートする『さよならプロポーズ シーズン2』では、前作に引き続き小籔千豊がメインMCを務めるほか、辻希美が新MCに就任。毎回登場するゲストと共に、2組のカップルの旅の行方を見守る。

 辻は同番組の見どころについて「結婚している私ですらすごく勉強になる、男女の物語になっています。私の娘も見たらすごく興味が出ていて、男女年齢問わず楽しめる番組だと思います」とアピール。辻の意見に小籔も同調し、「すべてのカップル、すべての夫婦、小中高の若者が見るべき番組かなと思っています」とコメントした。

 続けて司会者から「結婚の3箇条」を問われると、辻は「気持ち」「2人が平等でいること」「見て見ぬふりをすること」と返答。一方、小籔は「古い考え方かもしれませんが」と前置きした上で、「生活費を捻出すること」が最も重要だと言い、続けて「嫁はんが死ぬ直前に、こいつと結婚してまぁまぁ良かったかなと思ってもらえるようにする。あとは、結婚した時のことを忘れず、ケンカしない」と結婚観を明かした。

 愛妻家として知られている小籔。夫婦で激しく言い合うことはないそうで、もしそのようなことがあれば「それは別れる時」と断言した。そんな小籔に辻が「素晴らしい」と尊敬の眼差しを向けると、小籔は「家は癒しスポットなので、癒しスポットの相手に『おいっ』て言ったら、癒されない。それは嫁はんのことを考えてじゃなく、自分のためです」と説明した。

 また、辻のMCへのアドバイスを求められると、小藪は「ないです、ないです。年齢は(自分の方が)だいぶ上ですけど、たぶん芸能界の先輩。だいぶ若い時からやられていますし、色々な大きなところで達者な活動をされて結果を出しはったモー娘。の辻ちゃんに、アドバイス、何もないです」と謙遜。辻は「とんでもない!全然違います」と恐縮しきりだった。

 最後に「結婚とは」との質問が上がると、辻は勉強になることがたくさんあったとこれまでの結婚生活を振り返り、「すごい若くしての結婚だったので、最初は色々あったんですけど、今となっては結婚して良かった、子供を産んで良かったとしか思わない」と言い切った。

 同じ質問に小藪は「思い出をつくるためにするもの」と回答。結婚を山登りに例え、「大変なこともあるけど、達成感とかを含め、平地でいるより良かったなと思えることが、山登るとあるわけですよね。やらんでもいいけど、もしやってうまいこといけば、とても充実して楽しかったと思うこともある。だからやってみようと思える」と持論を展開していた。

 『さよならプロポーズ シーズン2』は、3月28日(土)よる10時~放送開始。俳優の夢を諦めきれないリュウイチ(30)と先々のことを考え年齢の限界を感じているユカリ(32)、彼女との結婚を切に願うユウくん(26)と家事を一生したくないため結婚をしたくないミドリ(25)、2組のカップルの旅の様子が放送される。

取材・撮影:水野梨香

▶動画:【先行公開】“結婚か別れか”決断の7日間、旅の始まり

【先行公開】“結婚か別れか”決断の7日間、旅の始まり『さよならプロポーズ2』
【先行公開】“結婚か別れか”決断の7日間、旅の始まり『さよならプロポーズ2』