3月28日(土)よる10時より、AbemaTVオリジナル結婚リアリティーショー『さよならプロポーズ シーズン2』#1が放送され、番組MCの小籔千豊が、貧乏時代から交際していた現在の妻に、コンパへ行くよう勧めたことがあったと告白。その理由を語った。

小籔千豊、現在の嫁と付き合っていたときに「コンパに行っていいよ」と勧めた?その理由とは
番組をみる »

 本番組は、長く付き合いながらもなかなか結婚に踏み切れない“とある理由”を抱える2組のカップルが、7日間の海外旅行を経て、結婚か別れを決断する様子に密着する結婚リアリティーショー。スタジオでは小籔千豊と辻希美がMCを務め、第1話はくわばたりえをゲストに迎えた。

 今回、“決断の旅”に出発したリュウイチ(30歳/俳優・フリーデザイナー)とユカリ(32歳/IT系企業勤務)のカップルは、交際して2年、同棲を始めて1年になるが、これまで結婚の話が進まずにいた。

 リュウイチは俳優業で生計を立てることを夢見ているが、現在の年収は200万円ほど。ユカリの出産年齢を考えると結婚を急いだ方が良いと思う一方で、経済面の不安から決断を先延ばしにしていたのだった。旅の初日、リュウイチの口からは「自分ではなく、他の人の方が良いのでは」と、別れを示唆する発言も飛び出した。

小籔千豊、現在の嫁と付き合っていたときに「コンパに行っていいよ」と勧めた?その理由とは

 小藪も結婚した当時は収入が少なく、「人生で1番貧乏な時に結婚した」とのこと。リュウイチと似た状況で、結婚に踏み切ったことになる。「悩まなかったんですか?」とくわばたから問われると、「あと10万ギャラが上がったら結婚しよう」と言い続けているうちに9年が経過し、その間にリュウイチと同じようなことを言ったことがあると明かした。

 「俺は結婚したいけど、このままいつまで行くかわからんへんから、悪いなと思った」と小藪。高学歴の男性や弁護士などが集まるコンパがあった場合、「行っていいぞ。そっちとうまいこといったら結婚して」と妻に言ったことがあったそうだ。ただし、「自分より収入が良い、または安定している男性」であることを条件にしたという。

 その時の妻の反応を「めちゃくちゃ怒った」と小藪が明かすと、くわばたは「あたりまえやわ!こっちからしたら『浮気してきていいよ』みたいな感じですよ」と憤慨した。

小籔千豊、現在の嫁と付き合っていたときに「コンパに行っていいよ」と勧めた?その理由とは

 すると小籔は「浮気じゃないのよ」と、くわばたの主張に反論。「ちゃんと飯食ってほしいから言った」と、妻のためを思っての発言だと説明した。くわばたは小藪の考えに理解を示しつつ、「顔がかっこよかったら、めっちゃええこと言ってるように聞こえるけど(笑)」とツッコみ、笑いを誘っていた。

 次回、リュウイチとユカリは、世界遺産の街で思わぬ出会いを果たす。その出会いは、2人の決断にどんな影響を与えるのか…。『さよならプロポーズ シーズン2』#2は、4月4日(土)よる10時~放送される。

▶動画:“結婚か別れか”決断の7日間、旅の始まり

“結婚か別れか”決断の7日間、旅の始まり
“結婚か別れか”決断の7日間、旅の始まり