3月28日(土)よる10時より、AbemaTVオリジナル結婚リアリティーショー『さよならプロポーズ シーズン2』#1が放送され、番組MCの小藪千豊が「結婚する意味」について自身の考えを語り、辻希美が拍手を送る場面があった。

小藪千豊が語った“結婚する意味”に辻希美「すごい!納得しちゃった」と拍手
番組をみる »

 本番組は、長く付き合いながらもなかなか結婚に踏み切れない“とある理由”を抱える2組のカップルが、7日間の海外旅行を経て、結婚か別れを決断する様子に密着する結婚リアリティーショー。スタジオでは小藪千豊と辻希美がMCを務め、第1話はくわばたりえをゲストに迎えた。

 今回、“決断の旅”に出発したユウ君(27歳/バーテンダー)とミドリ(27歳/ゲーム制作会社勤務)は、交際・同棲して3年になるカップル。ユウ君はミドリとの結婚を強く望んでいるが、一方のミドリはそもそも結婚願望がなく、「結婚するメリットがわからない」と主張。結婚の価値観が全く異なる2人が、7日間の旅を通して決断を下すことになった。

 VTRを見終え、小藪は「同棲がとても充実しているから結婚する必要ないし、結婚したって、別れたりする時面倒くさい。それはもちろん、ミドリさんの言っていることはわかりますよね。正論っちゃ正論」と、ミドリの考えに一定の共感を示した。

小藪千豊が語った“結婚する意味”に辻希美「すごい!納得しちゃった」と拍手

 そこでくわばたが「じゃあ結婚する意味って何?って思いません?」と疑問を投げかけると、辻は考え込んだ後に「孤独死は嫌だ」と回答。すると小籔は「まぁそれも1つですよ」としつつ、「付き合っている時よりも、いい思い出をたくさん作るため」と、真剣に考えてきたという「結婚する意味」を口にした。

 くわばたから「別に結婚していなくても思い出作れるじゃないですか」と指摘されると、小藪は「結婚した方が、例えばお父さんお母さんのところに挨拶に行く、結婚式、(子供の)参観日、そういうことがある。ずっと付き合っていたら、付き合っていることの現状しかない。結婚すると思い出のトーンが一個上がるんですよね」と、具体例を出しつつ説明。辻は目を輝かせ、「すごい!納得しちゃった」と拍手した。

小藪千豊が語った“結婚する意味”に辻希美「すごい!納得しちゃった」と拍手

 だが、くわばたは「でもその話ミドリさんにしても、ピンと来なさそうですね」と、ミドリには響かないのではないかとコメント。果たしてユウ君は7日間の旅の中で、ミドリを納得させることができるのだろうか…。次回、『さよならプロポーズ シーズン2』#2は、4月4日(土)よる10時~放送される。

▶動画:“結婚か別れか”決断の7日間、旅の始まり

“結婚か別れか”決断の7日間、旅の始まり
“結婚か別れか”決断の7日間、旅の始まり