結婚を望む32歳彼女、30歳俳優彼氏が将来を悲観し思わず口論に…「だったら子供は…」
番組をみる »

 4月11日(土)よる10時より、ABEMATVオリジナル結婚リアリティーショー『さよならプロポーズ シーズン2』#3が放送され、俳優業を諦めて結婚する選択肢を示したリュウイチに、彼女のユカリが猛反対。お互いを思うが故に、言い合いに発展してしまった。

 本番組は、長く付き合いながらもなかなか結婚に踏み切れない“とある理由”を抱える2組のカップルが、7日間の海外旅行を経て、結婚か別れを決断する様子に密着する結婚リアリティーショー。スタジオでは小藪千豊と辻希美がMCを務め、第3話は川崎希をゲストに迎えた。

 リュウイチ(30歳/俳優・フリーデザイナー)とユカリ(32歳/IT系企業勤務)は、交際して2年、同棲を始めて1年になるカップル。ユカリはリュウイチと結婚することを望んでいるが、俳優業での成功を夢見ているリュウイチは収入が少なく、今すぐ妻子を養える状況ではない。ユカリの年齢を考えると、結婚は早い方が良いと思いながらも、リュウイチは結婚を決断できずにいたのだった。

前回までの『さよならプロポーズ2』
前回までの『さよならプロポーズ2』

 メキシコ旅行2日目、リュウイチの一言をきっかけに、ユカリの表情が曇った。「今やっている夢(俳優)を諦めて、ユカリとかこれから生まれてくる子供たちのために、普通に仕事した方がいいんちゃうかなとも思った」。そう涙ながらに語ったリュウイチに、ユカリは「本気で言ってる?」「自分の夢を諦めるの?」と何度も聞き返し、「俳優を一生の仕事にしたいって言ってたじゃん。ワクワクして、キラキラして、すごいストイックに毎日練習して、そんな姿を見ていたのに」と、納得いかない様子を見せた。

結婚を望む32歳彼女、30歳俳優彼氏が将来を悲観し思わず口論に…「だったら子供は…」

 「そっちの方がユカリを幸せにできる」と主張したリュウイチだったが、ユカリは「そういう風にされたら全然嬉しくない。幸せにならない」とバッサリ。さらには「自分のせいでリュウイチ君が俳優って夢を諦める方が嫌。自分が原因で諦めてしまうぐらいなら、もう別れた方がいいかなって思う」と、「別れ」という言葉まで持ち出した。

結婚を望む32歳彼女、30歳俳優彼氏が将来を悲観し思わず口論に…「だったら子供は…」

 だが、リュウイチも生半可な気持ちで夢を諦めると言ったわけではない。リュウイチは幼い頃に父親を亡くし、経済的に余裕がない家庭環境で育った。「(ユカリは貧乏が)わからんやん。俺は(貧乏を)知ってるやん、しんどさを」「子供たちを自分と同じ目にあわすのが嫌なんよ。それはお金じゃないっていうのもわかってるんだけど、しんどいんだって、本当に」。リュウイチは真剣な眼差しでユカリを真っすぐ見据え、強い口調で訴えた。

 貧しい生活を経験したことがないユカリは、リュウイチの心からの言葉に、「わかるなんて言えないけど…」と涙ぐんだ。しかし、それでもなお、リュウイチに俳優を諦めて欲しくないようだ。

結婚を望む32歳彼女、30歳俳優彼氏が将来を悲観し思わず口論に…「だったら子供は…」

 そんなユカリに、リュウイチは「じゃあ子供は?」と質問。すると、これまではリュウイチと結婚し、リュウイチの子供が欲しいと話していたユカリの口から「産んでかわいそうな思いをさせるぐらいなら、ちゃんとしてやれないんだったら、産まなくてもいいかもって思ったり」との発言が飛び出した。

 これにリュウイチは「それは違うよ。それは俺のために言ってる」と反論。続けて「それで幸せなん?ホンマに幸せって言える?死ぬ前に」と問いかけた。この質問に、ユカリは明確な答えを返さなかったが、子供をもうけない選択肢もあるということを、リュウイチに伝えたかったと説明。再び「とにかく夢を諦めてほしくない」と訴えた。

結婚を望む32歳彼女、30歳俳優彼氏が将来を悲観し思わず口論に…「だったら子供は…」

 お互いを思うからこそ、ぶつかり合うリュウイチとユカリ。果たして旅の最終日に2人が出す答えは、結婚か、それとも別れか…。次回、リュウイチにアクシデントが発生。激しい腹痛と吐き気に見舞われ、病院へ行くことに。『さよならプロポーズ シーズン2』#4は、4月18日(土)よる10時~放送される。

▶動画:結婚したくない、今のあなたとは

結婚したくない、今のあなたとは
結婚したくない、今のあなたとは