大島康徳、コロナ感染から回復した片岡篤史と電話「笑い話もしました」
※大島康徳オフィシャルブログより

 がん闘病中の元プロ野球選手で野球解説者・大島康徳が、26日に更新した自身のアメブロで、新型コロナウイルスに感染し入院していた野球解説者の片岡篤史と電話で話したことを報告した。

 片岡は14日に自身のYouTubeチャンネルで、8日から入院していることを明かし、24日に投稿した動画では、2回目のPCR検査を受け“陰性”と結果が出たため退院できることになったことを報告していた。

 大島はこの日「篤史に電話しました」と切り出し、自身の電話している姿を公開。「元気な声が聞けて良かった」「笑い話もしました」と述べ、「話すこと自体も久し振りだったし とにかく嬉しかったです」とコメント。

 さらに「良かった 本当に良かった」と改めて安堵した様子をつづり、「阪神ファンの皆さん ファイターズファンの皆さん 篤史元気ですよ! ご安心下さい」と片岡のファンに呼びかけた。

 この投稿に対し読者からは、「心配しておりました」「安心しました」「ありがとう大島さん」などの声が寄せられている。

▶︎動画:大阪のパチンコ店に数百人の行列 休業要請、店名公表後もなお4店舗が営業

大阪 パチンコ店に大行列
大阪 パチンコ店に大行列
大島康徳『電話しました』
大島康徳『電話しました』
大島康徳オフィシャルブログ「ズバリ!大島くん」Powered by Ameba