恋愛リアリティーショーに出演経験のEXIT兼近大樹「“つくりものだから”と考えていたが、やはり誹謗中傷はあった」
番組をみる »

 出演していた木村花さんが亡くなったことを受け、制作中止が発表された『テラスハウス』。“リアリティーショー”という、その番組のスタイルそのもののあり方が議論を呼んでいる。

・【映像】「言葉のリンチは人を殺す」「正義と暴力は紙一重」デマで殺害予告まで...スマイリーキクチ

 28日の『ABEMA Prime』に出演した『東洋経済』の山田俊浩編集長は「Netflixの『裁判とメディア』という番組では、リアリティーショーの過剰な演出によって起きた殺人事件などが扱われているが、やはりメディア側は舞台を用意してしまった部分については真摯に反省しなければならないと思う」と指摘。慶應義塾大学の若新雄純特任准教授は「当然、出演者に対する制作、スタッフからのケアは必要だったと思う。丁寧な心の支えがあれば、もう少し救われたのではないかと」とコメント。

 お笑いコンビ・EXIT兼近大樹は「実は僕も恋愛リアリティーショーに出た経験がある。台本はないものとされていても、やはり多少の演出や“こうして欲しいな”という指示はあったし、自分なり“こうすれば使われるだろう”と考えながらやっていた。やはり“物語”だし、僕としても“つくりものだから”という考えだったが、全てが本物だと思っている視聴者もいて、“こんな人間、ありえない”ということで、やはり誹謗中傷もあった。当時は反論もできなかったし、仕方がないと思っていたが、耐えられないと思う人もいると思う。だから出演者たちにとっては、ABEMAのように相談窓口が設置されたりするのはありがたいと感じていると思う」と話していた。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)

▶映像: 「言葉のリンチは人を殺す」「正義と暴力は紙一重」デマで殺害予告まで...スマイリーキクチ

 「言葉のリンチは人を殺す」「正義と暴力は紙一重」デマで殺害予告まで...スマイリーキクチ
「言葉のリンチは人を殺す」「正義と暴力は紙一重」デマで殺害予告まで...スマイリーキクチ
SNSによって曖昧になる番組とリアルの境界線…“スタジオ受け”が視聴者に影響も? リアリティーショーと日本のテレビを考える
SNSによって曖昧になる番組とリアルの境界線…“スタジオ受け”が視聴者に影響も? リアリティーショーと日本のテレビを考える
恋愛リアリティーショー出演者の“心のケア”は十分? 誹謗中傷と隣り合わせのSNS
恋愛リアリティーショー出演者の“心のケア”は十分? 誹謗中傷と隣り合わせのSNS