岡田将生志尊淳W主演による映画『さんかく窓の外側は夜』(10月30日より全国公開)より場面写真が解禁となった。

  本作は、霊が<祓える男>冷川(岡田)と<視える男>三角(志尊)のふたりが、“除霊”という特殊能力を使って怪奇事件の解決へ挑む、新感覚の除霊ミステリー作品です。事件を追う中でふたりが出会ったのは、<呪いを操る謎の女子高生>ヒウラエリカ。ヒウラエリカとは何者なのか?彼女の目的は―――?

 <霊が視える>三角(志尊)と、<霊を祓える>冷川(岡田)。冷川は、霊を祓えるという特殊能力を持っているが、三角に触れることで、三角の持つ視える力により、よりはっきりと霊が視えるようになり、霊を祓うことができるのだ。

  今回解禁されたカットは、冷川が三角を抱き胸に手を当て「除霊」をする、本作ならではの見どころとも言えるシーンカット。この除霊の後に、冷川は三角に「私といると(霊が)怖くなくなりますよ」と自身が行う除霊作業の仕事に勧誘したことで、ふたりの運命が動き出す…。原作ファンの間でも気になるこの除霊シーン。本編への期待が高まるカットとなっている。

 また、もう一枚解禁となるのは、冷川と三角の前に現れる<呪いを操る謎の女子高生>ヒウラエリカ(平手)の場面写真。制服に身を包みながらも、薄暗い場所で、するどい視線で見つめるその先にあるものとは――?物語の先が気になる、謎が深まる印象的な1枚となっている。

ストーリー

書店で働く三角康介は、一見普通の青年だが、幼い頃から幽霊が見える特異体質に悩まされていた。ある日、書店に除霊師・冷川理人がやってくる。「私といれば怖くなくなりますよ」の一言で、三角は冷川と除霊作業の仕事を共にすることになる。そんな中、ふたりは刑事・半澤より一年前に起きた連続殺人事件の話を持ち掛けられる。調査をはじめたふたりは、やがて遺体を発見するが、その遺体には呪いがかけられていたのだ。真相を探るふたりに度々聴こえてくる死んだ殺人犯の声。そしてふたりはある言葉にたどりつく―――。

「ヒウラエリカに....だまされた....」 。それはふたりがこれまでの除霊作業で度々耳にしてきた名前だった。彼女は何者なのか?彼女の目的は?ふたりはこの事件を解明できるのか…?

(c)2020映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (c)Tomoko Yamashita/libre

潤一 ディレクターズカット版
潤一 ディレクターズカット版