結婚前提で運命の相手を見つけたい男女が、オンライン上で繰り広げる婚活リアリティーショー『Love or Delete~今、婚活できない私たち~』。第2回目の放送が6月6日にABEMAにて放送され、オンラインデート中にある女子が呟いた直球発言のかわいさに、見届け人のダレノガレ明美と重盛さと美がざわめく場面もあった。

「こっちの方が印象に残るかなって…」オンライン婚活でモデル女子が意中の男性にモテ台詞炸裂!
番組をみる »

 この番組は、ABEMA初のオンライン婚活リアリティショー。12人の男女がオンラインだけで運命の相手と出会えるのか、その結末を視聴者が一緒に見届ける。期間は5日間で毎晩1日の最後に、これからもこのルームで一緒に過ごしたい人を選ぶのがルール。そして誰からも選ばれなかった人は「Delete」、つまりトークルームにいられなくなるという仕組みだ。見届け人はJOY、重盛さと美、ダレノガレ明美が務める。1日目の最後には俳優の鈴木ひろふみ(31歳)がDeleteされ、2日目は男性5名、女性6名でスタートした。

 この日は男性陣がそれぞれオンランデートを企画し、女性陣が気になるデートに訪れるという試みが行われた。女性陣は90分の時間内なら、あちこちハシゴしてもいいというルールだ。

 前回1日目の段階で男性陣から1番人気だった女優・丹羽さえ(30歳)がまず訪れたのは、実業家・林みちのり(32歳)の「バーチャル世界旅行デート」。ツーショットデートで場の雰囲気も徐々にほぐれ、お互い第一印象で選んでいたこと、さらに林が「丹羽さんが来てくれて嬉しい」と核心をつく方向に会話が進みかけたところで、モデル・タレントの中川あんな(33歳)が割り込み入室。若干気まずい空気が流れかけたところで、丹羽は「林さん、たくさんお話できてよかったです。もっと深い話したいなと思ってます」と気になる感じの言葉を最後に残し、退室していった。

「こっちの方が印象に残るかなって…」オンライン婚活でモデル女子が意中の男性にモテ台詞炸裂!
「こっちの方が印象に残るかなって…」オンライン婚活でモデル女子が意中の男性にモテ台詞炸裂!

 中川は、「すみません、お邪魔しちゃったみたいで…」と言いつつも、「ちょっと嫉妬しちゃいますね」「二人で深い話してたんだ、なんの話してたのかな、って…」と思わずこぼれた健気な言葉にスタジオのダレノガレと重盛が「かわいい!」とざわめく場面も。照れ臭そうな林に、中川は「考えすぎかもですけど、(今日のオンラインデートは)あとに行った人ほど(男性の)印象に残るのかなって考えちゃって…」とさらにかわいい発言を連発。「だから、忘れられちゃったら悲しいから、最後にこようと思いました」と恥ずかしそうに思いを告白すると、林は「絶対忘れないよ」とこちらも照れ臭そうに答えていた。精一杯自分の気持ちを林に伝えようとした中川の発言はダレノガレからも高評価だったようで、「かわいい」「メモりたいわ」と仕切りに感心していた。

「こっちの方が印象に残るかなって…」オンライン婚活でモデル女子が意中の男性にモテ台詞炸裂!
「こっちの方が印象に残るかなって…」オンライン婚活でモデル女子が意中の男性にモテ台詞炸裂!
「こっちの方が印象に残るかなって…」オンライン婚活でモデル女子が意中の男性にモテ台詞炸裂!

 次回は、2人きりのディナーをかけて男性陣が奮闘。それぞれの想いが溢れ出す中、3日目にDeleteされてしまうメンバーは果たして誰なのか…。『Love or Delete~今、婚活できない私たち~』#3は、6月13日(土)よる11時~放送。

▶動画:これがリモート婚活のテクニック!?モデル女子、意中の男性にモテ台詞炸裂

これがリモート婚活のテクニック!?モデル女子、意中の男性にモテ台詞炸裂
これがリモート婚活のテクニック!?モデル女子、意中の男性にモテ台詞炸裂