6月12日、テレビ朝日×ABEMA共同制作ドラマ『M 愛すべき人がいて』の第4話の放送再開を記念したリモート会見が行われ、安斉かれん、三浦翔平、白濱亜嵐、田中みな実、そして脚本を手掛ける鈴木おさむが登壇。三浦が同ドラマ出演への反響や現場での裏話を語った。

マサ役・三浦翔平、『M』現場で松浦勝人氏と対面しドキドキ
番組をみる »

 同ドラマは、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描き大ヒットした話題作「M 愛すべき人がいて」(小松成美著・幻冬舎刊)を原作に、ドラマならではの彩りを加え壮大なスケールで描く連続ドラマ。脚本は鈴木おさむが手掛け、アユとマサの純愛に加え、鬼トレーナーのしごき、過酷なデビュー争い、壮絶な嫌がらせ、そして恋路を阻む強敵たちとの戦い…とドキドキハラハラする要素満載のジェットコースター・ラブストーリーに昇華した。

 スタジオには、安斉かれん、三浦翔平、白濱亜嵐、田中みな実、そして脚本を手掛ける鈴木おさむが距離を保って登壇。ソーシャルディスタンスの距離をしっかり保って板付きで登場し、取材陣が別室にて見守った。

「どうぞご自由に、好きなようにやってください」松浦勝人氏からのあたたかい言葉

マサ役・三浦翔平、『M』現場で松浦勝人氏と対面しドキドキ

――とても話題になっている『M』ですが、周りからの反響はいかがですか?

三浦:たくさんの方が注目してくださっていて、その皆さんの力ですごく話題にもなっていますし、とても感謝しています。

――初めてのドラマ出演に挑戦中の安斉かれんさんの印象を教えてください。

三浦:第1話から撮影してきて、物語の中でどんどん成長しているアユと同じように安斉さんも成長していると思います。それに、彼女がいると現場がとても明るくなるんですよ。

――事実に基づいたフィクション原作のドラマ化ですが、演じてみた感想や難しかったことなどがあれば教えてください。

​​​​​​​三浦:現在も活躍されているお二人の話ですし、原作もありますので、それに基づかなくてはいけないのですが、やはりおさむさんのエッセンスがとても香ばしいので(笑)、そこを合わせていく作業が最初はすごく大変でした。一度撮影現場に松浦(勝人)会長がいらっしゃって、お話することができたんです。怒られるかな…と思っていたのですが(笑)、すごく優しくて「どうぞご自由に、好きなようにやってください」と言っていただいたので、そこからは僕の“マサ度”を強くしてみました。

――現場でのエピソードや撮影の裏側を教えてください。

​​​​​​​三浦:撮影を再開してからは、やはり従来の方法と同じようには撮影できないので大変な部分もありますが、ちょっと期間が空いた中でいろいろ思い返したり、新しいアイデアが生まれたり…ということもあったので、スピード感をもって内容濃く撮影できています。みんなそれぞれにパワーアップしていますよ! トップギアのさらに一個上をいっています。

――4話の見どころや、今後の注目ポイントをお願いします。

​​​​​​​

三浦:第4話はアユとマサの恋愛軸が動き始める回ですし、アユが歌姫としてデビューする回でもある、第2章にふさわしい始まりです。あとは…礼香さんに聞いてください(笑)。

1話で浜崎あゆみさんの『appears』にある「7回目の電話で今から会おうよって」という歌詞と連動したシーンを僕のアイデアで追加してもらったのですが(笑)、今後も同じように浜崎さんの曲と連動した仕掛けがありますので楽しみにしていただきたいですね。アユがデビューしてどのように歌姫になっていくのか、マサとの恋愛模様はどうなっていくのか、そしてドラマオリジナルのキャラクターたちがどう成長していくのか、ぜひ最後までご覧ください。

――休止期間を経て、撮影にフィードバックされたことはありますか?

​​​​​​​三浦:どの現場もそうだと思うのですが、感染リスクを高めないことが大事ですので、キャスト・スタッフ全員で徹底して取り組んでます。

あと、撮影を中断している間にも、たくさんの反響をいただいたので、あらためて「突き進んでいっていいんだ」「もっと上げていってもいいんだ」ということは感じました。

マサ役・三浦翔平、『M』現場で松浦勝人氏と対面しドキドキ

番組情報

毎週土曜よる11:15~0:05 テレビ朝日系24局

「ABEMA」配信日程:毎週土曜よる0:05頃より配信開始

「ABEMA」URL: https://abema.tv/video/title/87-304

(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

▶︎動画:『M 愛すべき人がいて』はABEMAで配信中

M 愛すべき人がいて - 本編
M 愛すべき人がいて - 本編