結婚前提で運命の相手を見つけたい男女が、オンライン上で繰り広げる婚活リアリティーショー『Love or Delete~今、婚活できない私たち~』。第3回目の放送が6月13日にABEMAにて放送され、番組のクライマックスとなる“Deleteタイム”終了後に大きな動きが見られ、今後の波乱を予感させる展開となった。

オンライン婚活で両想い寸前だったのに…37歳男性が違和感を感じた女性のある一言
番組をみる »

 この番組は、ABEMA初のオンライン婚活リアリティショー。12人の男女がオンラインだけで運命の相手と出会えるのか、その結末を視聴者が一緒に見届ける。期間は5日間で毎晩1日の最後に、これからもこのルームで一緒に過ごしたい人を選ぶのがルール。そして誰からも選ばれなかった人は「Delete」、つまりトークルームにいられなくなるという仕組みだ。見届け人はJOY、重盛さと美、ダレノガレ明美が務める。これまでに俳優の鈴木ひろふみ(31歳)、人力車俥夫の石橋たくや(28歳)がDeleteされ、3日目は男性4名、女性6名の計10名でスタートした。

 3日目最後にDeleteされてしまったのは、女優の井川るね(27歳)だった。番組初の女子のDeleteに、残されたメンバーたちもショックを隠せない様子。そして普通ならこれでこの日の番組は終わるのだが、この後に運命の歯車を狂わせるような出来事が待ち受けていた。

オンライン婚活で両想い寸前だったのに…37歳男性が違和感を感じた女性のある一言

 Deleteタイムが終わって放心状態だったメンバーたち。気づくと、慶大卒の実業家・林みちのり(32歳)と女優・丹羽さえ(30歳)がいつの間にかツーショットルームに消えており、お笑い芸人でメンバー最年長の高橋ゆうすけ(37歳)が「意外と水面下で仲良くなってるんですね」と驚いた様子を見せると、タレント・キャスターの坂本あさこ(29歳)も「それ今日感じた!」と激しく同意。「リモートだからこそ、誰がどこに行くか見えないじゃないですか。自分が誰かと話してると他の人が何してるか分からないから、誰かの邪魔をしている可能性がちょっとあるなと思って…」と感じたことを明かすと、元レースクイーンの鹿野はるか(31歳)が「それすごい考えて、動くのをやめました」と一言。鹿野のこの言葉に思わず最年少の格闘家・城前えいと(24歳)が「鹿野さん、それは動きましょう!」と笑いまじりに指摘していたが、「私、平和主義なので、それでDeleteされても全然いい」と鹿野が主張を変えることはなかった。

オンライン婚活で両想い寸前だったのに…37歳男性が違和感を感じた女性のある一言
オンライン婚活で両想い寸前だったのに…37歳男性が違和感を感じた女性のある一言
オンライン婚活で両想い寸前だったのに…37歳男性が違和感を感じた女性のある一言

 この鹿野の発言に違和感を感じたのが、それまで鹿野を一番いいなと思っていた高橋。番組終了後、メンバーにそれぞれ感想を聞く場面では、「鹿野さんの発言で一つ気になるのがあって。揉めるくらいなら譲りますみたいなニュアンスの発言があって、真剣じゃないのかもと見えてしまった」「うーん、違和感だったんだよなあ…」と、自分がそれまでいいなと思っていた相手の新たな一面を垣間見て困惑を隠せない様子だった。

 この高橋の感想にスタジオ陣は「この二人は固いと思ってたのに…」と驚きを見せつつも、「じゃあ高橋くんは(モデル・タレントの)中川あんなさんにいく可能性があるね」と今後の展開の可能性を分析していた。

オンライン婚活で両想い寸前だったのに…37歳男性が違和感を感じた女性のある一言
オンライン婚活で両想い寸前だったのに…37歳男性が違和感を感じた女性のある一言

 次回は、オンライン婚活に波乱の予感! それぞれの想いが交差し、衝撃の展開が…。『Love or Delete~今、婚活できない私たち~』#4は、6月20日(土)よる11時~放送。

▶動画:オンライン婚活で両想い寸前だったのに…37歳男子が違和感を感じた女性のある一言「違和感が…」

オンライン婚活で両想い寸前だったのに…37歳男子が違和感を感じた女性のある一言「違和感が…」
オンライン婚活で両想い寸前だったのに…37歳男子が違和感を感じた女性のある一言「違和感が…」