星野源が「チャンスの時間」をべた褒め!?千鳥ノブ「やっと世の中に出た」けど褒められたのは例の回
番組をみる »

 お笑いコンビ・千鳥が番組MCを務めるABEMAのバラエティ「チャンスの時間」が6月17日に放送された。番組の冒頭、シンガーソングライターで俳優の星野源が同番組を「べた褒め」していたことを知ったノブが歓喜する一幕があった。

▶動画:「チャンスの時間」が星野源に認めてもらえた!

 17日放送の「チャンスの時間」のオープニングトークでは、ノブが「ニュースがありまして。『チャンスの時間』がやっと世の中に出た」と切り出した。ノブの言葉になにかを察した大悟が「スタッフが嬉しそうに喋ってきたあの件なのかな」と応じると、ノブは「あの星野源さんが『チャンスの時間』をべた褒めしてた」と、星野が自身の冠ラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」で「チャンスの時間」について語っていたことを明かした。

 大きな影響力を持つ星野の発言を受けて、ノブのTwitterアカウントにもリスナーから無数のリプライが寄せられたようだ。しかし、ラジオを聞いたノブによると「褒めてたのが『しまくり先生』だった」とのこと。苦笑を浮かべながら報告したノブに対して、大悟は「ウチの番組で、堂々と出していけるのはあのコーナーぐらいしかないから」と自虐を交えてコメントした。

星野源が「チャンスの時間」をべた褒め!?千鳥ノブ「やっと世の中に出た」けど褒められたのは例の回

 これまでの同番組での苦労を振り返り、「やっとじゃない? 隠れるようにやってたやん。どんだけ身を削ろうが、なんのメディアにも奮わなかった」と認知度が上昇したことを喜んだノブ。一方の大悟は「見せない方がいいと思ってたからね」と、過激な企画が多い同番組だけに大ヒットは半ば諦めていたことを明かした。

 またノブのリサーチによって、「しまくり先生」に講師として出演し、数々の名言を残してきたお笑いコンビ・アルコ&ピース平子祐希が、同企画に関するリプライを「大無視」していることも判明。ノブが「それが腹立ってなあ……」と語ると、「あいつちょっと呼び出そう。わしにTwitter教えてたやつが、えらいスカしてるやん!」と大悟も同調し、スタジオの爆笑を誘っていた。

(ABEMA/チャンスの時間より)

▶動画:「チャンスの時間」が星野源に認めてもらえた!

あの星野源に褒められた!
あの星野源に褒められた!

▶動画:大悟の贔屓(?)でネゴシックスがV2達成

大悟がお気に入りのネゴシックス作の漫画
大悟がお気に入りのネゴシックス作の漫画