6月20日、テレビ朝日×ABEMA共同制作ドラマ 『M 愛すべき人がいて』第5話が放送され、浜崎あゆみの実話がもととなったアユのラジオシーンが話題となっている。

「AYUはバカじゃない」1stアルバム発売日にラジオ出演しオリコン1位に!アユの快進撃始まる『M 愛すべき人がいて』第5話
番組をみる »

 本作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描き大ヒットした話題作「M 愛すべき人がいて」(小松成美著・幻冬舎刊)を原作に、ドラマならではの彩りを加え壮大なスケールで描く連続ドラマ。脚本は鈴木おさむが手掛け、アユとマサの純愛に加え、鬼トレーナーのしごき、過酷なデビュー争い、壮絶な嫌がらせ、そして恋路を阻む強敵たちとの戦い…とドキドキハラハラする要素満載のジェットコースター・ラブストーリーに昇華した。

「AYUはバカじゃない」1stアルバム発売日にラジオ出演しオリコン1位に!アユの快進撃始まる『M 愛すべき人がいて』第5話

 デビューシングルは20位と、サクラを雇ったライバルグループ・AXELSの18位に負けてしまったものの、2ndシングルでは同率20位となり、着々と知名度をあげていくアユ(安斉かれん)。

 そんな中、マサ(三浦翔平)はアユを音楽番組とは関係なくテレビ番組に出演させるようにプロモーション。アユは3rdシングルでは9位と、AXELSの50位に大きく差をつけて、人気を集めていった。

「AYUはバカじゃない」1stアルバム発売日にラジオ出演しオリコン1位に!アユの快進撃始まる『M 愛すべき人がいて』第5話

 しかし、テレビ番組に出演したことをきっかけにアユは世間から「馬鹿っぽい」と話題になってしまう。そのことを逆手にとったマサは、ファーストアルバムの発売日に、『AYUはバカじゃない』というラジオの特番を組むことに。

「AYUはバカじゃない」1stアルバム発売日にラジオ出演しオリコン1位に!アユの快進撃始まる『M 愛すべき人がいて』第5話

 最初は慣れないラジオ番組に戸惑うアユだったが、街中の声に応えるコーナーでは、「そんなにバカで売れるの?っていう質問にたいしては、売れます!アユは売れます!なぜならアユはバカだから。だから夢を見られるんです。だからバカでいいんです。アユは絶対に虹を渡ります。夢の虹を渡ります。バカですよね。でもそんなバカなことを本気で思わせてくれた人に出会えたわたしは幸せです。もし、もしそんなアユの歌を好きになってくれる人がいるなら、そんなみんなに言います。アユと一緒にバカになろー!アユと一緒に夢をみよー!みんなーアユを信じろー!」とアユ節を炸裂させ、聞いている人の心を鷲掴み。見事1stアルバム『A Song for ××』では、オリコン1位となった。

「AYUはバカじゃない」1stアルバム発売日にラジオ出演しオリコン1位に!アユの快進撃始まる『M 愛すべき人がいて』第5話
「AYUはバカじゃない」1stアルバム発売日にラジオ出演しオリコン1位に!アユの快進撃始まる『M 愛すべき人がいて』第5話

 歌手の浜崎あゆみの実話をもとにした、ラジオを使ったプロモーションには、「まさかの作戦!」「アユは売れます」「アユ頑張ったね」「ラジオのところめっちゃ感動した」「あのラジオリアルタイムで聞いてた」など視聴者から反響が寄せられた。

▶︎動画:アユの快進撃始まる『M 愛すべき人がいて』第5話

M 愛すべき人がいて #5:これが神様の答えだ! | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
M 愛すべき人がいて #5:これが神様の答えだ! | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】