イジリー岡田「8年間ほぼ仕事なし」 “しくじり先生”でエロキャラ定着の苦悩明かす
番組をみる »

 『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に芸人のイジリー岡田が登壇。「求められているベロのペロペロを封印したら、どん底に落ちて人生ヘロヘロの先生」として授業を行う。

【映像】「女性トラブルは居場所をなくす」さらば青春の光、当時の不倫騒動に言及…地上波未公開シーン(38分ごろ~)

 過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる、反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。ABEMAでもオリジナル企画を放送中で、毎回放送後に反響を巻き起こしている。6月29日の放送回は、ベテラン芸人・イジリー岡田が登壇。「求められているベロのペロペロを封印したら、どん底に落ちて人生ヘロヘロの先生」として授業をする。

■下ネタをやりすぎて、人生迷走? 特技“高速ベロ”にゆきぽよも悲鳴?!

イジリー岡田「8年間ほぼ仕事なし」 “しくじり先生”でエロキャラ定着の苦悩明かす

 特技の“高速ベロ”を“遠隔”で披露し、カメラの奥にいる生徒・ゆきぽよをペロペロしながら教室に登場した、イジリー岡田。標的となったゆきぽよは悲鳴をあげるが――実はイジリー岡田は、この高速ベロを封印した結果「8年間ほぼ仕事がなかった」という事実を激白。そんなしくじりを引き起こしてしまったのは「やりたいこと」と「求められていること」の違いに気づいていなかったからだと猛省する。

■エロキャラなのに……下ネタが苦手だった? 高速ベロ誕生の瞬間を振り返る!

 現在、世間から“エロキャラ”として認知されているイジリー岡田。しかし、もともとは、下ネタは大の苦手。ファミリーで笑ってもらえるようなやさしい芸風を志しており、イジリーという芸名にもエロい意味はなく「観客を盛り上げる=“素人イジリ”が上手だった」が由来だと明かします。

 ところが、芸歴5年目に伝説のお色気番組『ギルガメッシュないと』(テレビ東京)のレギュラー出演が決定。超マジメ人間のイジリ―岡田はは「仕事だから……」と考え、真摯に収録に臨んでいたが「出演女優には一切触れることなく、エロをかきたてるような笑いを表現しろ」とプロデューサーに無理難題を言い渡され、苦悩。困り果てていたとき、特技となる高速ベロが生まれたという。誕生の瞬間を語るとともに、テレビ初披露の貴重なVTRを公開する。

■理想と現実のギャップで苦しんだ先生が、しくじりから学んだ教訓とは?

イジリー岡田「8年間ほぼ仕事なし」 “しくじり先生”でエロキャラ定着の苦悩明かす

 そんな『ギルガメッシュないと』が終了した後、元来、やさしい笑いを目指していたイジリ―岡田は特技を封印し“キャラ変更”を試みるが、結果、仕事が激減。収入がなくなった先生を待ち受けていた、超極貧生活とは? さらに、すでに世間にエロキャラが定着していたがゆえの衝撃事件が続発したことも告白。教室も大爆笑した、その事件とは?

 そして、8年間地獄のような生活を送っていたイジリ―岡田は、ある番組から出演オファーが舞い込んだこと、そしてある芸人にかけてもらった言葉を機に迷いを吹っ切り、高速ベロ解禁を果たしたと打ち明ける。はたして、復活のきっかけをくれた番組、ある芸人の存在とは? 最後は「求められていること」と「やりたいこと」――そのギャップに苦しんだイジリ―岡田がたどり着いた、人生の教訓を授業する。

■『ABEMA』は授業完全版+お笑い研究部『リモート番組で爪あとを残す』完結!

 また、地上波放送直後、深夜0時45分から配信の『ABEMA』では、イジリー岡田先生の授業“完全版”と、地上波でも大反響を巻き起こしたABEMAオリジナル企画『お笑い研究部』の最新企画『リモート番組で爪あとを残すを考える』第5弾を配信。『リモート番組で爪あとを残すを考える』は今回で完結するが、どんな総括が得られるのか。

第54回(6月29日放送)出演

▼レギュラー出演

担任:若林正恭(オードリー)

生徒:吉村崇平成ノブシコブシ

▼しくじり先生

イジリー岡田

▼生徒 ※50音順

澤部 佑(ハライチ)、ゆきぽよ

制作著作

テレビ朝日

▶︎地上波放送:2020年6月29日(月)深夜0時15分~深夜0時45分

※一部地域を除く

▶︎ABEMA配信開始日:2020年6月29日(月) 深夜0時45分~無料配信

▶︎映像:アンミカ、暗殺されかけていた…当時の交際男性に貸した金額を告白

▶︎映像:独身女性が知っておきたい「怪しい男の5大特徴」
▶︎映像:独身女性が知っておきたい「怪しい男の5大特徴」
【まとめてイッキ見】しくじり先生 俺みたいになるな!!
【まとめてイッキ見】しくじり先生 俺みたいになるな!!