スーパークレイジー君&マック赤坂の後継者「支援者は必ずいる」…“報じられない候補者たち”に学ぶ選挙のあり方
番組をみる »

 366万1371票を獲得した小池百合子知事が“圧勝”で再選を果たした東京都知事選挙。

・【映像】西本誠氏・込山洋氏が生出演で都知事選を振り返る

 過去最多となる22人が立候補する中、大手メディアに報道されるのは小池都知事の他、れいわ新選組の山本太郎代表、元日弁連会長の宇都宮健児氏、NHKから国民を守る党の立花孝志党首、そして元熊本県副知事の小野泰輔氏に限られていた。

スーパークレイジー君&マック赤坂の後継者「支援者は必ずいる」…“報じられない候補者たち”に学ぶ選挙のあり方

 都知事選に関する独自のインターネット番組を配信したジャーナリストの堀潤氏は「全候補者にアンケートを送り、選挙公報を紐解きながら50人の有権者の皆さんと一緒に議論した。メディアで取り上げられる、いわゆる“主要候補”以外の人たちの政策を見ると、“風営法ってこのままでいいのか”“介護の在り方はこれでいいのか”など、考えるための材料を提供して下さっている。そうした部分を議論しないのはもったいないし、そのための舞台設定ができなければ、メディアに対する不信感は募る一方だ」と話す。

 「全候補の選挙公報を読み解くだけで2時間半くらいかかったので、地上波のニュース番組では難しいとは思う。しかし、選挙と災害は放送の使命でもある。出るか出ないかは各候補者の判断だと思うが、せめてNHKは政見放送だけではなく、討論会をやってみる価値があると思う。」。

■「応援したいという人が必ずいると思った」 “スーパークレイジー君”

スーパークレイジー君&マック赤坂の後継者「支援者は必ずいる」…“報じられない候補者たち”に学ぶ選挙のあり方

 政治団体「スーパークレイジー君」代表の西本誠氏は、立候補者のうち最年少の33歳。風営法の緩和、ペットの殺処分ゼロ、待機児童ゼロを公約に掲げた。演説では、自身の前科についても明かしている。

 少年院にいた頃、“ヤンキー先生”こと義家弘介議員の著書を読み、政治家に関心を抱いたという西本氏。選挙に関する知識は無かったというが、「どうせ負けるんだったらコテンパンにやられて経験を積む方が早い」と考え、直近に出馬を決断したという。

 「災害の時にこういう恰好をしていて申し訳ないが、やはり政治家という存在が遠すぎると思う。よく“選挙へ行こう”という言葉を耳にするが、僕の周りはほとんどが選挙に行ったことがない人たちだったし、いい大学を出て、いいお父さんがいて、という方たちだけが出ているイメージもあった。実際、僕の過去はSNSに書かれている通りだし、“選挙に出るな”という厳しい声もあった」。

 結果、得票数は1万1887票。「最初はヤンキー層が応援してくれていたが、意外に公務員や学校・保育園の先生、弁護士、医者とか、色んな人たちが最後は応援してくれるようになった。自分は過去の事がネットに出ている。それでもどこまでいけるのか、応援したいという人が必ずいると思った」と、手応えも感じたようだ。

 「自分は今回の候補者の中で最年少だったし、主要候補とされる人たちには公約や政策とは別に後ろ盾や組織票がある。報道も平等ではないというのも分かっている。真面目なふり、真面目な恰好でなくても、気持ちで入る票もある」。今後については、「無理って言われようがやり続ける」と、国政選挙にも挑戦する意向を明らかにした。

スーパークレイジー君&マック赤坂の後継者「支援者は必ずいる」…“報じられない候補者たち”に学ぶ選挙のあり方

 「blackdiamond from2000」のあおちゃんぺは「若者の中でも話題になっていたし、選挙に興味がなかった若者のために使ったと考えれば、没収された300万円の供託金は有意義なものだったのではないか。1万人の心を動かしたと思えば、ただの賑やかしではないと思う」とコメントした。

■「50名以上のボランティアスタッフさんが必死でポスターを貼ってくれた」 “マック赤坂の後継者”

スーパークレイジー君&マック赤坂の後継者「支援者は必ずいる」…“報じられない候補者たち”に学ぶ選挙のあり方

 「スマイル党」推薦の込山洋氏(46)は、代表を務めるコンサルタント会社が倒産、その後、あのマック赤坂氏の付き人になったという。普段から渋谷の清掃活動を行っていることから、ゴミ・煙草のポイ捨て、路上喫煙に罰金10万円、また、介護士でもあるため、介護施設や介護福祉士の年収増を掲げて立候補した。

 「私たち介護職員はコロナの中、感染リスクと闘いながらやってきた。4月1日、22名の候補者の中で最初に手を挙げさせていただいた。小池都知事は“7つの公約”を掲げて4年間やってきたが、事実上、一つも達成できていない。これは誰かが変えなければいけないと思ったし、東京都のトップになれば国のトップとも戦える。10万円しか貯金がなかったが、とにかく立候補させていただいた」。

 資金もスタッフも不足する中、ポスターは約1万4000カ所ある掲示板の分を印刷した。「たまたまゴミ拾い活動を長年やらせていただいた関係で、50名以上のボランティアスタッフさんが必死でポスターを貼ってくれた。1週間くらいかけて95%以上の場所に貼ることができた。熱い思いで一生懸命にやれば、奇跡は起こるのではないかと思った。日本の政治にとって大切なのは、政治家の方々が美しい心を持つことと、“スマイル”だ。笑いごとでなく、これは政治・宗教の垣根を超えると思っている」。

 結果は、西本氏に次ぐ1万935票。「借金まみれになって終わったが、本当に悔いはない。敗戦の弁で涙を流し、“しばらく島に引っ込む”と言ったら、色々な方が“我々は込山さんの熱意を誇りに思った。本当に既得権益を断ち切る気持ちがあるのなら…”と声をかけてくれた。“次の衆議院選挙に東京1区から出てくれ”と言って下さる支援者の方もいた」として、政治活動の継続を示唆した。

スーパークレイジー君&マック赤坂の後継者「支援者は必ずいる」…“報じられない候補者たち”に学ぶ選挙のあり方

 堀氏は「込山さんの選挙戦を追っていた時、近くで街頭演説の準備をしていた小野営の方が“音を下げろ”とクレームを入れてきた。“おかしいじゃないか”と込山さんが抗議をすると、その日の深夜に小野さんが電話をかけてきて、翌朝には謝られに来られた。その後、文句をつけてきた選対の方もお詫びし、お互いに“気持ちよくやりましょう”ということになった。本当に多様な候補者がいるし、そういう選挙の舞台裏だって、ライブ配信ができる時代だ」と振り返った。

■カンニング竹山「もっと自由な発言を」

スーパークレイジー君&マック赤坂の後継者「支援者は必ずいる」…“報じられない候補者たち”に学ぶ選挙のあり方

 慶應義塾大学で政治学を学ぶモデルのトラウデン直美は「認知度を高めるためにはSNSの力も必要だが、やっぱりマスメディアが強いということも感じた。私自身、22人の候補者の方々がそれぞれに熱い思いを持っているということをちゃんと掘り下げていなかったと反省をした」とコメント。

スーパークレイジー君&マック赤坂の後継者「支援者は必ずいる」…“報じられない候補者たち”に学ぶ選挙のあり方

 カンニング竹山は「選挙戦が始まると、僕らやメディアは余計なことが言えなくなる。でも、その問題をどうにかしないといけない。もっと西本さんや込山さんのことについてああだこうだという言うことができないからこそ、“泡沫候補”という悪い言葉のままで皆さんが終わるってしまう。タレントでも評論家でも、自由に発言していいよ、という風にした方がもっと盛り上がるし、もっと候補者の皆さんのことが分かるようになると思う」と話していた。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)

変わる報道番組#アベプラ【平日よる9時~生放送】 - 企画 - 都知事選で落選 スーパークレイジー君「負けるならコテンパンに」主要以外の"その他候補"に聞く出馬のメリット | 【ABEMAビデオ】見逃した番組や話題のニュースが無料で視聴可能
変わる報道番組#アベプラ【平日よる9時~生放送】 - 企画 - 都知事選で落選 スーパークレイジー君「負けるならコテンパンに」主要以外の"その他候補"に聞く出馬のメリット | 【ABEMAビデオ】見逃した番組や話題のニュースが無料で視聴可能