アニメ「デカダンス」第1話、臨場感たっぷりのバトルシーンに視聴者興奮!「ずっと見てられる」「シビれた」の声続出
番組をみる »

 夏アニメ「デカダンス」が7月8日より放送スタート。第1話ではさっそく迫力ある戦闘が繰り広げられ、視聴者から称賛の声が寄せられている。

▶動画:待望の放送スタート!「デカダンス」#1

 同アニメは、「デス・パレード」などで監督を務めたアニメ演出家・立川譲氏と、「BANANA FISH」などを手掛けた脚本家・瀬古浩司氏がタッグを組んだ完全新作オリジナルテレビアニメ。巨大な移動要塞“デカダンス”を舞台としたSFアクション巨編だ。

 第1話「ignition」では、未知の生命体“ガドル”が出現し、戦士たちとの戦闘が繰り広げられた。主人公の装甲修理人・カブラギ(CV:小西克幸)の躍動感あふれる空中戦は見ごたえ抜群。さらに移動要塞“デカダンス”が起動する展開もあり、熱いバトルが視聴者の心をつかんだようだ。Twitter上では「ずっと見てられる……」「凄い臨場感!!」「あのデカいのが起動するとこ興奮した!」「劇場映画並のクオリティだった」「戦闘シーンはシビれた」「これぞ男のロマンですね!」といったコメントが続々と寄せられた。

第1話「ignition」

【あらすじ】

遥か未来、未知の生物《ガドル》の侵攻によって絶滅寸前へと追いやられた人類は、移動要塞《デカダンス》内部で暮らしつつ、必死の抵抗を続けていた。幼い頃から戦士に憧れて育った少女・ナツメは、現実主義者で無気力な装甲修理人・カブラギの元へと配属され、清掃に追われる日々を送る。そんなある日、作業中に《ガドル》との戦闘に巻き込まれてしまったナツメが見た光景は、次々と《ガドル》を倒していくカブラギの姿だった。

(C)DECA-DENCE PROJECT

デカダンス - 本編 - 1話
デカダンス - 本編 - 1話