「好きになれなかった…」切ない恋の結末…メイ&ひなの想い届かず涙『今日好き』紫陽花編最終回
番組をみる »

 毎週月曜日よる10時から放送中のABEMA『今日、好きになりました。』(通称『今日好き』)。22日は、新シリーズ・紫陽花編最終回。メイとひな、2人からアプローチを受けてきたいぶき。そしてまた、いぶきとふゆみの間で揺れてきたひなが、自分の心に最終決断を下した。

 『今日好き』とは、運命の恋を見つける、恋の修学旅行をテーマとした恋愛リアリティーショー。ルールは異国の地で二泊三日を繰り返し、最終日に告白。そこでカップルになったら終了、なれなかったら次の旅を続けるかどうか選べる、というもの。恋愛見届け人はNiki鷲尾伶菜E-girls)、井上裕介NON STYLE)だ。

今回参加するのはこのメンバー!

「好きになれなかった…」切ない恋の結末…メイ&ひなの想い届かず涙『今日好き』紫陽花編最終回

 メンバーは女子が、すずか(高3)、るな(高3)、ひな(高3)、メイ(高1)、そして「青い春編」からの“継続メンバー・のん(高2)の5人。男子は、きだい(高3)、ふゆみ(高3)、りき(高2)、継続メンバー・いぶき(高2)の4人となっている。

一途だったメイ、精一杯の告白にいぶきの答えは?

「好きになれなかった…」切ない恋の結末…メイ&ひなの想い届かず涙『今日好き』紫陽花編最終回

 最終的にいぶきに告白したのは、メイだけだった。第一印象から、前シーズンで気になっていたいぶきに注目していたメイは、誰よりもはやく2ショットに誘った。素直に、かつ積極的に自分の気持ちを伝え続け、一緒に勝利したスイカ割りでは、ご褒美として用意されたクルージングデートで手をつないだ。

 そして告白時。メイはこれからもたくさん想い出をつくっていきたいと言い、「何の取り柄もないけど、メイは、無邪気に笑ういぶきくんも、(クルージングの時の)下手な運転も、なんとかしようとする姿も大好きです。付き合ってください、よろしくお願いします」と手を差し出した。

「好きになれなかった…」切ない恋の結末…メイ&ひなの想い届かず涙『今日好き』紫陽花編最終回
「好きになれなかった…」切ない恋の結末…メイ&ひなの想い届かず涙『今日好き』紫陽花編最終回

 見届人たちもカップル成立を願うなか、いぶきの回答は「ごめんなさい」というもの。メイとひな、2人の女子の間で揺れたが、気持ちの整理が最後までつかなかったといういぶきに、メイは「ありがとう」と笑顔でお礼を伝え、自分の恋を終えた。

「好きになれなかった…」切ない恋の結末…メイ&ひなの想い届かず涙『今日好き』紫陽花編最終回
「好きになれなかった…」切ない恋の結末…メイ&ひなの想い届かず涙『今日好き』紫陽花編最終回

ひなが告白相手に選んだのは、ふゆみ。結末は?

「好きになれなかった…」切ない恋の結末…メイ&ひなの想い届かず涙『今日好き』紫陽花編最終回

 いぶきとふゆみで揺れたひなが、最後に選んだのはふゆみ。第一印象どうしだったが、ひなは自分のことを「好き」だとは言わないふゆみに自信をなくしていた。それでも、ふゆみが歌っていた『香水』を練習し、一緒にハモるなど、アピールを続けたひな。結局、いちばん長い時間を一緒に過ごしたのがふゆみで、ふゆみの真剣に考える姿に惹かれていることを自覚した。

 ひなの、ふゆみともっと一緒に過ごしたいという想いに、ふゆみは唇をかみ、「ごめんなさい」と返答。「ひなのことを恋愛として気になることはできませんでした」と辛そうに続けたふゆみに、ひなは「わかった」と理解を示す。最後にふゆみのほうから両手を出し、かたい握手をして別れた。

「好きになれなかった…」切ない恋の結末…メイ&ひなの想い届かず涙『今日好き』紫陽花編最終回
「好きになれなかった…」切ない恋の結末…メイ&ひなの想い届かず涙『今日好き』紫陽花編最終回

 その後ふゆみは1人になると、辛そうにため息。ひなは「悩みに悩んで決めたことなので 後悔はないです」と前を向いた。次回「今日、好きになりました。」は、7月20日(月)よる10時より放送。

「好きになれなかった…」切ない恋の結末…メイ&ひなの想い届かず涙『今日好き』紫陽花編最終回
「好きになれなかった…」切ない恋の結末…メイ&ひなの想い届かず涙『今日好き』紫陽花編最終回