アニメ「デカダンス」鈴木このみが歌うOP映像が意味深? 視聴者「面白くなる予感しかしない」
番組をみる »

 アニメ「デカダンス」第2話で、鈴木このみの新曲「Theater of Life」(7月29日リリース)を起用したオープニング映像が公開された。衝撃的な事実も明かされ、視聴者の心を一気につかんだようだ。

【動画】OP映像も話題! 人類に隠された世界の正体を知ったナツメ(CV:楠木ともり)

 同アニメは、「デス・パレード」などで監督を務めたアニメ演出家・立川譲氏と、「BANANA FISH」などを手掛けた脚本家・瀬古浩司氏がタッグを組んだ完全新作オリジナルテレビアニメ。巨大な移動要塞“デカダンス”を舞台としたSFアクション巨編だ。

 7月15日より順次放送中の第2話「sprocket」では、人間が絶滅危惧種であることが明かされた。さらに未知の生命体“ガドル”や移動要塞“デカダンス”の正体も判明。物語の根幹に関わる情報が次々と明かされる怒涛の展開に、Twitter上では「衝撃展開すぎて目が離せない」「2話で度肝抜いてきたな!」「設定予想外すぎる」「これはかなり面白くなる予感しかしない」といったコメントが相次いで寄せられていた。

 また、第2話でオープニング映像も公開された。オープニング曲「Theater of Life」を歌う歌手の鈴木このみは7月16日、自身のTwitterで「自分の生きる道は自分で決める、をテーマに汗だくで歌いました。」とコメントしており、アップテンポなロックチューンに乗せて次々とカットが切り替わる美麗なオープニング映像に仕上がっている。

 オープニング映像の中には、今後の展開を示唆するような意味深長なカットもあり、視聴者からは「OPのワンカット…この展開が待ち遠しい!」「これは後々の伏線かな?」といった声が寄せられ、今後の展開に期待が高まっている。

第2話「sprocket」

【あらすじ】

凄まじい力で《ガドル》たちを倒すカブラギと、生まれて初めて体験する戦場に放心状態のナツメ。

その一方で、ナツメたち人類には隠された世界の正体が明らかになり……。

デカダンス - 本編 - 2話
デカダンス - 本編 - 2話
デカダンス - 本編 - 1話
デカダンス - 本編 - 1話
「デカダンス」第3話直前スペシャル 7月19日(日)夜6時~
「デカダンス」第3話直前スペシャル 7月19日(日)夜6時~