西山茉希、離婚して困ったこと明かす「親子なのに私だけちがう名字」
番組をみる »

 モデルでタレントの西山茉希(34)が、21日放送の日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』に出演し、離婚後困ったことについて告白した。

 西山は、2013年6月に俳優の早乙女太一(28)と結婚。同じ年の10月に第1子となる長女、2016年4月に第2子の次女を出産し2019年6月に離婚した。番組で、「うちの場合は私だけ名字を戻したんです。複雑なのが、親権は私なのに、名字が夫のものなので、新しい書類に名前書く時も、親子なのに私だけちがう名字」とモヤモヤした気持ちを明かした。

 そんな西山は、SNSなどで愛娘との生活を度々発信。同日に更新したInstagramでは、親子向けライフスタイル誌『セサミン』の撮影風景をアップ。撮影は西山の自宅で行い、テーマは「おうちでドレス」。緊張気味の子どもたちもドレスを着ると、自然と笑顔になったという。

 この投稿にフォロワーからは「大好きが止まらない親子」「素敵な親子ですね 幸せそう」「家族そろって可愛すぎる~」などの声が寄せられている。

ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

西山茉希 離婚後で困った事は...
西山茉希 離婚後で困った事は...