「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」ムヒョ(CV:村瀬歩)とロージー(CV:林勇)の“運命の出会い”は笑いあり涙あり?
番組をみる »

 アニメ「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」第16話は、ムヒョ(CV:村瀬歩)とロージー(CV:林勇)の出会いが描かれた。

▶動画:ムヒョとロージー、笑いあり涙ありの出会いは?第16話

 同アニメは、西義之氏による同名漫画を原作としたアニメシリーズの第2期(第1期は2018年放送)。事件を起こす悪霊や死霊を裁き、あの世へ送る能力を持つ魔法律の執行人“ムヒョ”こと六氷透(CV:村瀬歩)と、彼の助手“ロージー”こと草野次郎(CV:林勇)による六氷魔法律事務所の活躍を描いたストーリーだ。

 7月28日より順次放送中の第16話「出会い」では、ロージーの過去が明らかになった。ロージーが“六氷魔法律事務所”の面接を受ける様子が描かれただけでなく、魔法律家を目指すようになった理由も判明。さらに能力の詳細は不明だが、ロージーが能力を発揮して悪霊を攻撃する一幕もあった。名コンビの運命の出会いにTwitter上では「本当『出会うべくして出会った二人』なんだよな~」「過去編もう大パニックでしたね」「この運命の出会い感が本当に好き」「ムヒョとロージーの出会い、笑えたし泣けた…!」といった声が上がっていた。

第16条「出会い」

【あらすじ】
赤川団地跡の勝負が決した。ムヒョは、先に魔法律を執行したにもかかわらず、敗北を宣言した。事務所は五嶺のものとなったーー。後日。魔法律院行きの列車に、ロージーは今井とともに乗り込んだ。魔法律院で改めて勉強することとなったロージーと、ムヒョは、しばし別れることとなった。動き出す列車をムヒョが見送る。走る車内で、ロージーは思い出していた。ムヒョと初めて会った日のことをーー。

(C)西義之/集英社・ムヒョロジ製作委員会 2

第16条「出会い」
第16条「出会い」